接続法学習教材(第3版) 改訂進行中!

PoderとSaber使い分けできる?【動詞の違い】

Poder Saber 違い
想定している読者
  • スペイン語で「〜できる」と言いたい人
  • Poder と Saber の違いを知りたい人

スペイン語の動詞 Poder と Saber は、どちらも不定詞を伴って「〜することができる」という意味を持ちます。

Yuki
Yuki

スペイン語学習初期は「〜することができる」という表現を全て Poder を使ってしまいます。

日本語にすると同じに見えてしまいますが、使う状況やニュアンスが異なります。この記事で、2つの違いを理解して使い分けできるようにしましょう。

例文を通して学習しましょう。
記事の要約
  • 「Poder+不定詞」はある状況における可能性を意味する
  • 「Saber+不定詞」は学習などによって習得した能力を意味する
  • Poderは助動詞として不定詞を導き、Saberは他動詞として働き目的語として不定詞を導く

結論 使い分けは『習得した能力かどうか』で判断

PoderとSaberの意味

Poder+不定詞

poderは助動詞的に働くよ
Poder の意味
  • 【可能】〜することができる
  • 【許可】〜してもいいですか
  • 【禁止】〜してはいけない(否定)
  • 【可能性】〜かもしれない・〜であるはずがない(否定)
  • 【依頼】〜してくれませんか(疑問文)
  • 一般的に〜できる

関連 Poderの意味と使い方を10の例文で理解【スペイン語】

Poderはさまざまな用法を持っていますが、その中でも今回話題にしたいのが「可能」の用法です。

基本的には 『Poder+不定詞』の形で助動詞のように用いられます。poder は「ある状況下での可能性」を示します。言い換えると、「ある状況において、できるかできないか」を言及するときに使います。

Te voy a explicar lo que está diciendo para que puedas entenderlo más.
彼が言っていることを君に説明してあげるよ、もっと理解できるように。

解説
後半の para que puedas entenderlo más が該当箇所です。「それをもっと理解できるように」という意味です。ここは、話し手の相手(君)に対して、説明を試みようとしている場面です。

彼の言っていることをあまり理解していない君が【状況】
理解できるように【可能性】

その状況で「できるかどうか」について述べているので poderを用います。

もし、puedas が sepas にだったら、次のような感じになってしまいます。もちろん、saber を使う適切な状況ではないので、無理矢理な感じはありますが。

Te voy a explicar lo que está diciendo para que sepas entenderlo más.
彼が言っていることを君に説明してあげるよ、もっと理解できるように(君には学習能力がないから)

後述しますが、Saber+不定詞は「学習などによって習得した技能や能力」を示すので、上の例文のように「(彼が言っていることを)理解する能力が欠けているので、その能力を身につけるために」というようなニュアンスになります。

Saber+不定詞

知識として知っているのがsaber
Saberの意味
  • Saber + algo 〜を知っている
  • Saber + que 直説法 〜であることを知っている
  • Saber + 不定詞 〜することができる
  • Saber + de algo 〜について知っている
  • saberse 知り尽くしている(強調)

関連 Saberの意味と活用を10の例文から学ぶ【スペイン語】

一方、Saber にも Saber+不定詞「〜することができる」という用法があります。Poder とは異なり、Saber+不定詞は「学習などによって習得した技能や能力」を示します。

Ella sabe correr más rápido que yo.
彼女は私よりも速く走れる。

解説
sabe correr が該当箇所です。日本語にすると「走ることができる」となりますが、ここでは能力として早く走ることができることを意味します。

ここでの Saber は他動詞として働き、 不定詞の correr が目的語になっていると考えます。

Saber + 不定詞の考え方

他動詞 saber 目的語 correr

  • [走ること]を知っている
  • 走ることを練習によって習得している
  • 走ることができる

もし、例文中の sabe が puede だったら、次のような感じになります。

Ella puede correr más rápido que yo.
彼女は私よりも(今)速く走れる。

puede になると「ある状況下で」というニュアンスが加わります。つまり、「普段はどうか分からないけど、今体調などの何らかの状況では彼女は私よりも早く走れる」というような意味になります。

PoderとSaberの違い

Poder と Saber のそれぞれの意味について述べてきました。それぞれニュアンスも違えば、助動詞としての働きと他動詞としての働きを見たように、そもそも構造的に違います。

まとめると以下のようになります。

PODER + 不定詞
SABER + 不定詞

ある特定の状況下での可能性

Tener potencia de hacer algo

Real Academia Españolaより

Poder は助動詞的に不定詞を導く

学習などによって習得した能力

Tener habilidad o capacidad para hacer algo

Real Academia Españolaより

Saber は他動詞なので目的語として不定詞を導く

使い分けのポイント

Poder と Saber を使い分けるにはどうすればいいかを考えていきます。

Yuki
Yuki

違いが分かっても、状況ごと使い分けができないと意味ないですよね。

例文で確認

Poder と Saber の使い分ける時は『習得した能力なのかどうか』を考えれば良さそうです。

Puedo caminar yo mismo hasta el hospital. No te preocupes.
自分で病院まで歩けるよ。心配しないで。

確認 怪我をした際に「歩くことができる」かどうかは、能力の話ではないため poder となる。

Mi cariño de un año de edad ya sabe caminar.
私の1歳の赤ちゃんはもう歩けるよ。

確認 赤ちゃんが「歩くことができる」のは、習得によるものなので saber となる。

A:¿Sabes jugar al futbol?
B:Sí, sé jugar al fútbol porque yo pertenezco al club local desde cuando era niño. Pero ahora no puedo jugar por el esguince de tobillo.
A:君はサッカーできるの?
B:できるよ。小さい頃から地元のクラブチームに所属しているからね。でも、今はくるぶしの捻挫でできないよ。

確認 会話前半の「サッカーできるか」のやりとりは能力の話をしているので saber になるが、怪我という状況により「できない」ことは、能力の話ではないため poder となる。

まとめ

記事の内容をまとめます。

違いは分かったかな?
記事のまとめ
  • 「Poder+不定詞」はある状況における可能性を意味する
  • 「Saber+不定詞」は学習などによって習得した能力を意味する
  • Poderは助動詞として不定詞を導き、Saberは他動詞として働き目的語として不定詞を導く

結論 使い分けは『習得した能力かどうか』で判断

以上です。

この記事で、少しでもスペイン語への理解が深まったら嬉しいです。

\閲覧ありがとうございます/
当サイトはスペイン語学習者の勉強のハードルを下げることを目指しています。

Caminando hacia... のコンテンツが役に立ったという方はサポートしていただけると励みになります!

タイトルとURLをコピーしました