新着記事»現在分詞の4つの使い方を分かりやすく解説

PASARの基本的な意味は”移動”【活用・意味・用法を例文を通して理解】

スペイン語 pasar
想定している読者
  • スペイン語の動詞Pasarの意味や用法を知りたい人
  • Pasar の使い方を例文を通して理解を深めたい人
  • Pasar を用いた例文を探している人

Pasar を辞書で引くと、いろんな意味が出てきて、少し複雑で難しいと感じる方もいるはずです。

なぜなら、自動紙としても他動詞としても使われるからです。

そこで、この記事では『Pasar』について、活用・意味・用法を確認していきましょう。

Pasarの意味を確認していきましょう!
記事のまとめ
  • Pasarは規則的に活用される
  • 自動詞としても他動詞としても使用される
  • 基本的な意味は「移動
  • Pasarが来たら、主語か目的語に着目する
目次

PASARの活用

動詞PASARは規則的に活用されます。

PASARの不定形は以下の通りです。

  • 不定詞:Pasar
  • 現在分詞:Pasando
  • 過去分詞:Pasado

直説法現在形

人称単数複数
一人称pasopasamos
二人称pasaspasáis
三人称pasapasan

直説法点過去形

人称単数複数
一人称pasépasamos
二人称pasastepasasteis
三人称pasópasaron

直説法線過去形

人称単数複数
一人称pasabapasábamos
二人称pasabaspasabais
三人称pasabapasaban

直説法未来形

人称単数複数
一人称pasarépasaremos
二人称pasaráspasaréis
三人称pasarápasarán

直説法過去未来形

人称単数複数
一人称pasaríapasaríamos
二人称pasaríaspasaríais
三人称pasaríapasarían

接続法現在形

人称単数複数
一人称pasepasemos
二人称pasespaséis
三人称pasepasen

直説法現在形一人称単数形の語幹 pas- が接続法現在形の活用母体になります。その語幹に -er, -ir動詞の活用語尾 e, es, e, emos, éis, en をくっつけます。
関連 接続法における動詞の活用の仕方【スペイン語】

接続法過去形

直説法点過去形三人称複数形の語幹 gustar- が接続法過去形の活用母体になります。

人称単数複数
一人称pasarapasáramos
二人称pasaraspasarais
三人称pasarapasaran

PASARの意味と用法

動詞Pasarは用法が多いこともあり、使用頻度は高いです。ただし、自動詞としての意味と他動詞としての意味は似ていますので、比較的覚えやすいと思います。

\PASARの用法/

  • Pasar 時間が過ぎる/何かが起こる
  • Pasar por + alguien/algún lugar 〜のところに寄る
  • Pasar de algo 〜に関して超過する
  • Pasar de + algún lugar 〜から移動する
  • Pasar algo 時間を過ごす/試験に合格する

自動詞としてのPasar

基本的な意味は「何かが過ぎる」と捉えるといいです。Pasar の主語と、その後に続く前置詞によって、意味が変わります。

自動詞Pasar
  • ある主語が場所を「過ぎる」は『通る』と考える。(他動詞でも表現できます)
  • 出来事が「過ぎる」は『起こる』と考える。
  • 時が「過ぎる」はそのまま『時間が過ぎる』と考える。
  • 何かが限界を「過ぎる」は『超える』と考える。

主語によって、意味・ニュアンスが変わり、それに伴う前置詞が変わるというイメージです。

Pasar

主語によってPasarの意味が変わります。

Pasarの主語が時間であれば「過ぎる」になりますし、出来事が主語であれば「起こる」となります。

La casa va empeorándose a medida que pasan los años.
家は時間が経つにつれてだんだん劣化していく。

副詞節 a medida que 以降の部分が該当箇所です。

副詞節の主語は los años です。時が主語ですので「年が過ぎる」と考えるといいでしょう。そのため、副詞節は「年が過ぎるにつれて」となります。

a medida que + 直説法 で「〜するにつれて」という意味になります。

¿Qué te pasa? – No, no pasa nada.
どうしたの? – ううん、なんでもないよ。

¿Qué te pasa?は「何かあったの?」という意味でよく使用される声がけです。

他にも、¿Qué pasó?などもありますが、間接目的格代名詞を用いて(例文中はte)、誰に対して「どうしたの?」と声をかけているのか明確にすることがあります。

前半の分を直訳すると「君に対して何が起こったの?」となりますが、自然になるように「何があったの?」とか「どうしたの?」というように意訳して考えます。

Pasar por + alguien(algún lugar)

Pasar por + 人(もしくは場所)で「〜のところに寄る」という意味になります。

Pasar の後ろに前置詞のpor がありますので、どこか場所を「通る」という意味になります。por の後ろに場所や人がきます。

Mañana pasa por mi casa. – Sí, pasaré por ti en la tarde.
明日、私の家寄っていって。- うん、午後に君のトコ寄っていくね。

前半は mi casa ですので「私の家を通る」、つまり「私の家に寄る」ということです。後半の文は、por の後ろに ti がきていますが「君のところに寄る」ということです。

例えばpor míを使えば、前半の文は「Mañana pasa por mí」でも通じます。ただし、意味は「私の家」というよりも「私がいるところ」というニュアンスになります。

Pasar de + lugar [a + lugar]

前置詞deやaを伴うと、どこどこから、どこどこへ「移動する」という意味になります。

La epidemia pasó de una vez de China a otros países el año pasado.
伝染病は、昨年中国から他の国々に一気に広がった。

主語がLa pandemia ですので、伝染病が過ぎるわけですが、これだけだと意味が通じません。場所が必要です。

そこで、例文の後半部分を見てみましょう。場所を伴って、前置詞de は「〜から」を表し、前置詞a は「〜へ」を表します。

つまり『中国から他の国々へ』広がったとなります。

de una vez は熟語表現で「一気に」という副詞句です。

Pasar de + algo

Pasar de + algoで「(重量などが)超える」という意味になります。

Mi maleta pasó de límite de peso al facturar en el aeropuerto.
空港でチェックインする時、私のスーツケースは重量超過していた。

Mi maletaスーツケースが主語です。それが「pasó」してしまったということですが、これだけだと何かが足りないですね。

スーツケースは時間でも出来事でもないですので、何を過ぎたのかを前置詞を伴って表現します。pasó de límite de pesoで「重量制限を超えた」ということです。

▲自動詞PASARのトップに戻る


他動詞としてのPasar

続いて、他動詞としての Pasar を見ていきましょう。基本的な意味は「移動」です。

Yuki

他動詞は直接目的語を伴いますので、Pasarの後ろにくる目的語に注目することで、意味を捉えることができます。

Pasar + algo

El tren está pasando un puente que comunica con la isla.
電車は島と通じている橋を渡っている。

está pasando の後ろに直接目的語un puente「橋」がきていますので、動詞pasaは他動詞として働いていることがわかります。

この場合、pasar un puenteで「橋を通る」と考えます。橋の上を移動しているということです。

Yuki

pasarを自動詞として使用するなら「El tren está pasando por un puente」となります。

「場所を通る」ことを言いたい場合は、あまり難しいことを考えずに前置詞porを入れてもいいし、入れなくてもいいし・・・くらいの感覚でいましょう。

筆者の体感としては、porを伴って自動詞として用いている方がよく聞きます

He pasado la silla que ayer compré del coche a la casa.
昨日買った椅子を車から家に移動させた。

直接目的語にla sillaがきていますので「(椅子を)移動させる」という意味になります。

その場合は、前置詞 de(どこから) や a(どこへ)を伴います。誰か人のところへ移動させる場合は、a + 人となりますが、間接目的格代名詞を用いて省略することがあります。

例えば「塩を取ってくれる?」と言う場合は「¿Me pasas la sal?」となります。このme が間接目的格代名詞にあたります。la salを「私のところへ(私に)移動させる」ということです。

Pasar + tiempo

Pasar の目的語として「時」が来た場合は、時の移動ということになり、つまり時間を過ごすということです。

Pasé toda la noche haciendo una tarea. Así que me muero de sueño.
一晩中宿題をやって過ごしたよ。だから眠くてたまらない。

paséの後ろにtoda la nocheが来ていますので、『一晩中ずっと過ごした』ということになります。

Pasar の活用形がpaséとなっているので、主語は『私』です。

haciendo una tareaは「〜しながら」という副詞句の表現です。

Pasar + examen

Me gustaría pasar el examen DELE en noviembre.
できれば 11 月に DELE の試験に合格したいなぁ。

直接目的語にel examenなどの「試験」を表す単語が来た場合は「試験を通る」、つまり『試験に合格する』となります。

Yuki

日本語でも試験をパスすると言いますね。

▲他動詞PASARのトップに戻る

PASARの熟語表現

ここからは番外編です。よく使われる熟語表現を紹介します。

Pasarの熟語表現
  • Lo que pasa es que :実は〜ということです
  • pasarlo bien:楽しく過ごす

Lo que pasa es que le dije la mentira a mi amigo.
実は、友人に嘘をついてしまったんだよね。

直訳すると「起こっていることは que 以下です」ということです。前言に反して何かを言う時などに使われます。que 以下の時制は何が来てもいいので、非常に使い勝手がいいと思います。

¿Cómo lo pasas? – Sí, lo paso bien.
調子はどうだい? – うん、楽しんでいるよ。

Pasarlo bien で一つの表現です。『楽しく過ごす』という意味になります。ラテンアメリカではloの代わりにla になることもあるみたいです。

パナマに住んでいましたが、laのパターンは聞いたことはないです。誰かに楽しいか聞かれた時の返答に使えます。

まとめ

記事の内容をまとめます。

記事のまとめ
  • Pasarは規則的に活用される
  • 自動詞としても他動詞としても使用される
  • 基本的な意味は「移動
  • Pasarが来たら、主語か目的語に着目する

\筆者が主に使用している参考書/

関連 圧倒的掲載量『西和中辞典』を使い倒す【スペイン語辞書】

以上です。この記事がスペイン語学習の役に立てば嬉しいです。

スペイン語 pasar

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメントする

目次