TEDシャドーイング教材更新しました!(2022.05)

VOLVERの意味や使い方を10の例文で完璧に理解する【スペイン語】

Volver スペイン語
スポンサー
想定している読者
  • 動詞VOLVERの意味や用法を知りたい人
  • VOLVERの使い方について例文を通して理解を深めたい人

本記事では、重要動詞の一つVOLVERの用法を10の例文で説明していきます。どのように活用されて、その用法にはどんなものがあるのかを紹介していきます。

\動詞の活用シート 無料公開中/
Pinterest のボードもフォローしてみてください

スペイン語学習に使ってみてください

スポンサー

VOLVERの活用

VOLVERは直説法において、不規則な形を取るので活用には注意しましょう。現在分詞と過去分詞は以下の通りです。

過去分詞はvueltoです。誤って、volvidoなどにしないように。

現在分詞
過去分詞
  • volviendo
  • vuelto

直説法でのVOLVERの活用

現在形

単数形
複数形
  • vuelvo
  • vuelves
  • vuelve
  • volvemos
  • volvéis
  • vuelven

点過去形

単数形
複数形
  • volví
  • volviste
  • volvió
  • volvimos
  • volvisteis
  • volvieron

線過去形

単数形
複数形
  • volvía
  • volvías
  • volvía
  • volvíamos
  • volvíais
  • volvían

未来形

単数形
複数形
  • volveré
  • volverás
  • volverá
  • volveremos
  • volveréis
  • volverán

過去未来形

単数形
複数形
  • volvería
  • volverías
  • volvería
  • volveríamos
  • volveríais
  • volverían

接続法でのVOLVERの活用

現在形

直説法現在形一人称単数形の語幹 vuelv- が接続法現在形の活用母体になります。その語幹に-ar動詞の活用語尾 a, as, a, amos, áis, an をくっつけます。
関連 接続法における動詞の活用の仕方【スペイン語】

単数形
複数形
  • vuelva
  • vuelvas
  • vuelva
  • volvamos
  • volváis
  • vuelvan

過去形

直説法点過去形三人称複数形の語幹 voluvier- が接続法過去形の活用母体になります。

単数形
複数形
  • volviera
  • volvieras
  • volviera
  • volviéramos
  • volvierais
  • volvieran

命令形でのVOLVERの活用

単数形
複数形
  •  
  • vuelve
  • vuelva
  •  
  • volved
  • vuelvan

VOLVERの用法

Volver の捉え方としては『変化』と考えるといいと思います。様々な用法がありますので、混乱してしまうかもしれませんが、基本を押さえて使いこなしましょう。

他動詞としての意味は『何かを変える』です。他動詞ですので「〜を」の部分(直接目的格代名詞)が必要です。ここでは『を格』と呼びます。

自動詞としての意味は『戻る』です。戻るだけなら、目的語を必要としませんね。

他動詞の考え方
自動詞の考え方
  • 『向き』を変える
  • 『何かを』向ける
  • 『状態を』変える
  • 『どこどこへ』戻る
  • 『〜することに』戻る

再帰動詞volverseは他動詞の3つの意味が自分自身に帰ってくるということです。つまり、

再帰動詞Volverseの考え方
  • 『自分自身の向き』を変える
  • 『自分の体の一部』を向ける
  • 『ある状態』になる

他動詞と再帰動詞の意味は関係していますので、対応させながら以下で例文をみていきましょう。

volver algo

volver algoで「何かの向きを変える」という意味です。

Ella volvió la cabeza y habló a mí de repente.
彼女は振り返って、突然話しかけてきた。

解説
動詞 volvió の後ろに『を格』la cabeza があるので、volver は他動詞として用いていることが分かります。再帰動詞を用いて同じ意味の文を作ると Ella se volvió となります。

「自分自身の向きを変える」と考えて、自動詞的な働きをします。主語となるものが、何かの向きを変える場合は

『主語 + volver + 直接目的語』

直接目的語の部分に向きを変えるものを入れましょう。テレビや自分の体とか何でもいいです。

volverse

再帰動詞volverseになると「振り返る(自分自身の向きを変える)」となります。

La que estaba sentándose en la silla se volvió y me llamó en voz alta.
椅子に座っていた女性が振り返って、大きな声で私を呼んだ。

解説
再帰動詞として、自分自身に意味が帰ってくるので、自分自身の向きを変える、つまり『振り返る』と訳すことができます。自分自身が目的語になっているイメージです。

例文中では、La que estaba sentándose en la silla までが主語です。La que の部分は定冠詞+queで先行詞を中に含んで「〜する人(もの)」という意味になります。

関係詞 el que の使い方に関しては以下の記事で紹介していますので、参考にしてください。

ここでは、Laですので女性です。そのため、ここでは「椅子に座っていた女性」と訳しています。その彼女がse volvió 振り返ったということです。

volver … a [hacia]…

volver … a [hacia]…で「何かを~へ[の方へ]向ける」という意味を持ちます。

Todos me volvían la espalda. Así que yo no sabía qué hacer.
見捨てられた(私に背中を向けた)から、何をすべきか分からなかった。

解説
ここでのmeは間接目的格代名詞「私に(対して)」という意味です。間接目的格代名詞を用いずに文章を作るとTodos volvían la espalda a míとなります。

他動詞volverは前置詞aやhaciaを伴って『何かを〜に(の方に)向ける』という意味になります。ピンポイントで「どこどこに何かを向ける」場合はa、もっとざっくり「〜の方に何かを向ける」場合はhaciaを使います。

ちなみに「volver la espalda a + 人」は『人を見捨てる』という熟語として覚えておくといいでしょう。

He vuelto la mirada hacia un lugar donde se hizo un ruido grande.
大きな音がした場所に視線を向けた。

解説
He vuelto ですので、主語は「私」です。動詞の後に直接目的語la mirada「視線」がありますので、volverは他動詞です。

視線をどこへ向けたのかが、hacia以下です。hacia un lugar の部分はこれだけでは分かりませんが、関係副詞のdondeで修飾されています。

関係副詞dondeの意味や使い方については以下の記事で解説していますので、参考にしてください。

Hacer ruido で「うるさくする」とか「騒ぐ」という意味になりますので、se hizo un ruido grande で「大きな音がした」という意味になります。

ここではse受け身が使われていて、un ruido grande が主語です。「大きな音が立てられた」となりますが、意味が通るように「大きな音がした」としています。

volverse a[hacia]…

volverse a[hacia]…で「~の方を向く」という意味になります。

Nos hemos vuelto hacia la puerta. Parecía que había alguien.
私たちはドアの方を向いた。誰かいるようだった。

解説
再帰動詞+haciaで「〜の方へ向く」となります。volverse だけなら「振り向く」ですが、 大まかな方向を表すhaciaがありますから、振り向くというよりも「どこどこの方へ向く」となります。

volver + 名詞句・形容詞句

volver + 名詞句・形容詞句で「(〜の状態に)変える」という意味です。

El estrés del trabajo volvió loca a una mujer.
仕事でのストレスは、一人の女性をおかしくさせた。

解説
El estrés del trabajo が主語です。動詞volverの後ろに形容詞locaがありますね。ここではvolverは「何かをある状態に変える」という働きをしています。

a una mujer は直接目的語です。ある女性をlocaに変えてしまった、ということです。

ただし、形容詞は性数一致をするので注意が必要です。男性un hombreならlocoになります。人が直接目的語になっていますので、前置詞aが必要です。

volverse + 名詞句・形容詞句

前述の例文について再帰動詞を用いて表現すると、下のようになります。

Ella se volvió loca por el estrés del trabajo.
彼女は仕事のストレスでおかしくなってしまった。

解説
再帰動詞は自分自身に意味が帰ってくると考えて、彼女自身の状態が変わる、つまり『〜の状態になる』です。

そのため、彼女Ellaが主語になります。彼女は仕事のストレスによって、状態がおかしくなるので、前置詞porを用いて原因を表現します。

volver a + 場所[de + 場所]

volver a + 場所[de + 場所]で「〜に(から)戻る」という意味になります。

¿Cuándo volverás a tú país? – Pues, volveré al país dentro de un mes.
君はいつ自分の国に戻るの。えっと、1ヶ月後に戻るよ。

解説
ここから自動詞としてのvolverを見ていきましょう。volverásの後に来ているのが場所を表すa tú país ですので、volver の意味は『戻る』とか『帰る』となります。

例文のように「a+場所」がvolverの後ろに来る場合は、『〜に戻る』と訳すといいでしょう。

Volvimos a nuestro tema después de hablar en broma uno a otro.
冗談を言い合った後で僕たちは本題に戻った。

解説
場所だけではなくて、話題やある状態に戻るという時にも使用できます。Volvimos の後に直接目的語がないので、自動詞としての働きをしていると分かります。

「どこに戻るのか」を見てみると、その後に a nuestro tema とあるので「私たちの話題・本題に戻る」という意味で使われていると分かります。

volver a + 不定詞

Volver + a + 不定詞で『再び〜する』という意味になります。直訳すると「〜することに戻る」です。

Escribiré en la agenda el error que cometo, no sea que vuelva a hacer lo mismo.
再び同じことをするといけないから、自分のミスを手帳に書くよ。

解説
例文中は後半部分にvolverがいます。

『no sea que + 接続法』は、条件「〜するといけないから」という意味です。もし、主文が過去時制の場合は、seaの代わりにfueraを使い「〜するといけなかったから」という意味になります。

接続法現在vuelvaの後ろには a hacer (a + 不定詞)となっているので、ここでのvolverは「再び〜する」として使われています。hacer lo mismoで「同じことをする」です。

volverse atrás

No podemos volvernos atrás por que ya todo estuvo decidido.
私たちは引き返せないよ、もう全部決まったから。

volverse 用法の番外編です。volverse + atrás で「後戻りする/前言を撤回する」熟語表現として覚えてしまうといいかもれません。

まとめ

記事の内容をまとめます。

以上です。Volver の表現を覚えて、日常生活でどんどん使ってみましょう。

タイトルとURLをコピーしました