【パナマ旅行】観光地サンタ・カタリーナまでの行き方

サンタカタリーナ行き方
スポンサー

本記事は次のような方に向けて書かれています。

  • パナマの観光地サンタカタリーナまでの行き方を知りたい人
  • パナマの旅行計画を立てている人

記事の信頼性

筆者はJICA海外協力隊としてパナマでボランティア活動を行いました。活動場所がSoná(ソナ)のEl Marañonという小さな村で、サンタカタリーナから比較的近いところにいました。そのこともあって、サンタカタリーナを何回も訪れたことがあります。

安心して旅行に行けるようになった時のために、記録として残しておきます。

スポンサー

Santa Catalina(サンタカタリーナ)とは

サンタカタリーナはパナマに行った際にはぜひ旅行して欲しい場所の一つです。パナマでは『サーフィンの聖地』として有名です。遠浅で、波が強いです。ダイビングショップやサーフィンボードをレンタルできるショップがありますので、マリンスポーツも楽しむことができます。

また、パナマのコイバ島は野生のジンベイザメやマンタなどを生で見ることができるダイビングスポットとして世界的に有名ですが、そこへはサンタカタリーナから船で行くことができます。

パナマでマリンスポーツを楽しみたいと考えている人は、ぜひ旅程に『サンタカタリーナ』を追加することを検討してみてください。
関連 【パナマ旅行】元JICA海外協力隊員が教えるおすすめスポット5選

パナマの公用語はスペイン語ですので、パナマ人はほとんど英語を喋ることができませんが、ここで働いている人たちは、英語を喋ることができます。もし、スペイン語を喋ることができなくても安心です。ただ、英語だけだとサンタカタリーナまでの道中が大変ですが。

詳しくは後述しますが、バス運賃や移動時間は以下のとおりです。

  • パナマシティからサンタカタリーナまでの総移動時間:約7〜8時間
  • パナマシティからサンタカタリーナまでのバス運賃総額:約15ドル

どこにあるのか

サンタカタリーナはパナマの南西部に位置しています。パナマの国自体の面積は、北海道と同じくらいですが、東西に長く伸びたような形をしていますので、移動には非常に時間がかかります。

パナマへの入国の仕方は2種類あります。

  • 飛行機でトクメン国際空港へ入国(アメリカ経由)
  • バスでコスタリカ国境より入国

この記事では、首都パナマシティからサンタカタリーナまでの行き方を紹介します。

行き方・時間割

パナマシティからサンタカタリーナまでは『バス』で行きます。パナマでは公共交通機関として、バスが発達しています。首都にはMetro(地下鉄)がありますが、それ以外の都市にはありません。JICAがパナマ政府と協力してメトロ3号線事業を進めているそうですが、いつ完成するのでしょうかね。

首都からサンタカタリーナまでの経由地は以下の通りです。

バスでの行き方
  • Albrook(スタート)
  • (Santiago)
  • Soná
  • Santa Catalina(ゴール)

イメージは『Panamá(Albrookのこと)を出発して、Santiago(サンティアゴ)を経由して、Soná(ソナ)でバスを乗り換えて、Santa Catalina(サンタカタリーナ)に到着する』感じです。

Albrook mallへ

まずパナマ全国各地に出ているバスに乗るためにAlbrook mall(アルブルック・モール)に行きましょう。

メトロパス

市内バス、タクシーやメトロなど手段はいろいろありますが、メトロが安くて楽です。乗るためには、メトロパスを購入する必要がありますが、どこまで利用しても一律0.35ドルで、路線は基本的は1本です。

Soná へ

目的地ごとにチケット売り場が分かれていますので、Soná と書かれている売り場に行き、チケットを買いましょう。料金は10.50ドル(2020年3月時点)です。

Panamá – Soná 時間割
  • 8:20-
  • 10:20-
  • 12:45-
  • 14:20-
  • 16:20-
  • 17:45-

AlbrookからSoná 行きのバスは、本数があまり多くないので、乗れればラッキーくらいに思っているといいです。他にもSoná 行きのバスの経由地であるSantiago 行きのバスが出ていますので、そこまで行って、Soná 行きのバスに乗り換えることもできます。

Santa Catalina へ

無事にソナまで行けたら、バスを乗り換えます。パナマシティからSoná直通バスに乗れたら、降車場所と次のバス乗り場は同じです。

しかし、Panamá – Santiago – Soná と経由して、サンティアゴからSoná 行きのバスに乗ってきた場合、バスの降車場所と乗り場が異なります。この場合、サンタカタリーナ行きのバス乗り場は、降車場所から200mほど歩いたところにあります。初めての人は迷ってしまいます。乗り場は『 Terminal de buses Soná – Panamá』です。

Marilu Carvallo さんの写真より
Soná – Santa Catalina 時間割
  • 5:30-
  • 8:40-
  • 11:20-
  • 13:30-
  • 14:40-
  • 16:40-

乗り場についたら、バスの運転手もしくは従業員さんがパナマシティ行きか、サンタカタリーナ行きか尋ねてくれるので、サンタカタリーナに行きたい旨を伝えましょう。

ソナからサンタカタリーナまでは4.75ドルで、1時間半程度かかります。タクシーは確か30ドルくらいかかったと思いますので、それに比べれば安いですが、なかなか高い。観光客からお金を巻き上げようとしているのがよく分かります。

とはいえ、これで無事にSanta Catalina に到着です。

最後に注意点です。

Santa Catalina から「コイバ島に行きたい」とか「他の無人島に行って、マリンスポーツを楽しみたい」場合、事前予約+8時までに島を出発しないといけません。つまり、Soná 5:30出発のバスに乗らないと、その当日に『島周遊』することはできません。ただし、その場合Soná に1泊することになりますが、あまりおすすめできません。

もしコイバ島へ行ってダイビングなどを考えている人は2泊は計画しておいた方がいいです。

筆者が友人と行った際は、現地の人に頼み込んで、ティントレーラ島へ連れて行ってもらってシュノーケリングを楽しめました。

パナマを含む中米を旅行する際に、あると安心な『地球の歩き方』シリーズ。

表紙書籍名価格掲載国(中米)


地球の歩き方 中米 2018~2019

2,090円グアテマラ
ベリーズ
エルサルバドル
ホンジュラス
ニカラグア
コスタリカ
パナマ

パナマ編では主に以下の都市・町の観光情報などが掲載されています。

  • パナマシティ
  • パナマ運河
  • コロン
  • サンブラス諸島
  • エル・バジェ
  • ダビ

残念ながら、サンタカタリーナは掲載されていません。筆者はスペイン旅行でも大変お世話になりました。スペイン語がある程度しゃべれるのであれば、現地の人に聞きながら旅するのもいいですね。

以上です。この記事がパナマ旅行の役にたてば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました