【SIELE】作文試験の問題を徹底整理【サンプル問題の分析】

SIELE escrita
スポンサー
想定している読者
  • SIELEで出題される作文の問題をみてみたい人
  • 問題を知って、SIELEの受験をしてみようか考えている人
  • 既にSIELE受験を考えていて、対策を打つために問題を知りたい人

そもそもSIELEって何?って方は、以下の記事を読んで最初にざっくりと理解するといいと思います。

その他の試験については、以下の記事をご参考ください。

SIELE読解試験
SIELE聴解試験

SIELE口頭試験
Yuki
Yuki

・元高校数学教師

・JICA青年海外協力隊OV(パナマ隊員)

・久米島の地域おこし協力隊員

スペイン語学習者のハードルを下げるために、当サイトを運営しています。一緒にスペイン語の可能性を広げていきましょう。(DELE B1,SIELE 616点所持)

スポンサー

作文試験の内容

全体を眺める

作文試験のポイント
  • Tarea:2個
  • 試験時間:50分
  • Tarea2へ進んでしまっても、Tarea1に戻ることができる
  • 何文字入力したのか分かるようになっている
  • スペイン語特有の文字・記号を入力するボタンがある(下写真参照)
  • Tarea 2は2つの問題から選ぶ

Tarea 間の移動は可能

画面を次のTarea に進めた後、前のTareaに戻ることができるのは作文試験だけです。他の試験ではできませんので注意してください。時間が50分しかないので、Tarea2 まで一通り終わらせてから再確認の意味でスペルチェックなどもできそうです。

スペイン語特有の文字・記号を入力するボタン

入力画面の下に、写真のようなスペイン語特殊文字の入力ボタンがあります。スペイン語においてアクセント記号があるとないとでは全然意味が違うことがありますので、正しく入力できることは非常に大事です。

SIELEの試験には親切にもそれら特有の文字・記号が入力できるボタンがあります。しかし、いちいちそれらボタンを使用して入力していては時間が足りませんので事前にスペイン語入力に慣れましょう。
関連 【迷わないスペイン語入力】Mac設定アプリで特殊文字の入力方法を確認!

Tarea2は選択制


Tarea 2は2つの Opciones から1つを選んで解答します。どちらを書くべきか考えることができる時間は1分間です。そして、一度選んでしまったら別のOpciónに変更することはできません(模擬試験ではブラウザ上で戻ることは可能)ので、じっくり考える必要があります。しかし、選んでいる間も時計は進み続けます

Tarea 1 : 友人へのメッセージ

Tarea1
  • 親しい友人のメールに対して返信する問題
  • 入力文字数100〜150
  • 相手のメッセージは50文字程度の文章
  • Instrucciones は5つ
  • レベル:A1〜B1

模擬試験から見えてくる特徴は以上です。日常生活の中でありそうなメッセージのやりとりが問題になりそうです。入力文字数が100〜150なのに対して、指示文が5つあるため、指示文にしたがってメッセージの返信をしていれば文字数を気にすることもないでしょう。Tarea 2に時間をかけたいので、できればここに時間を割きたくないところ。

Tarea 2 (Opción 1):ニュースに対する意見文

Tarea2(Opción1)
  • 内容:示されているニュースを読んで、それに対しての意見文を書く問題
  • ニュースの文字数:55文字程度
  • 入力すべき文字数:250〜300文字
  • レベル:B2〜C1

Tarea1 に比べると明らかにレベルが上がっているのが分かると思います。模擬試験では「自然災害に対する人的支援はどうあるべきか」について、意見文を書く問題です。どんな問題があるのかについて提示し、それについての意見を根拠を述べながら書くという流れです。書くべき量が Tarea1 の2倍以上の250〜300文字ですので、十分な練習が望まれます。普段からスペイン語の新聞を読む習慣をつける必要がありそうです。

Tarea 2 (Opción 2):新聞社に手紙を書く

Tarea2(Opción2)
  • 内容:ニュースを読み、それについての自分の思いを書く
  • ニュースの文字数:50文字程度
  • 入力すべき文字数:250〜300文字
  • レベル:B2〜C1

当たり前ですが、文字数制限などの条件は Opción1 と変わりません。模擬試験の Opción2 は、ニュースについての自分の思いを手紙にして、新聞社に送る問題です。Café Olímpico というのは、図書館の名前でしょうか。それが資金不足で閉館するというニュースに対して、反対の立場から手紙を書くという問題になっています。指示文には、『反対の理由を述べ、「閉館」した場合の問題とそれに替わる代案を提示し、それによる地元当局からの期待される反応を述べる』とあります。

筆者はOpción1 は環境問題のようなマクロな問題に対しての意見文で、Opción2 はそれよりももう少し身近なミクロな問題を題材にしていると推察します。

以上です。ここまで読んでいただいたのなら、作文試験の概要は掴めたのではないでしょうか。SIELEに限らず、試験を受験する前にはどんな試験なのかを知ることが重要です。

その他の試験についてはそれぞれ以下の記事にまとめてありますので、SIELE Global の受験を考えている人は合わせてご覧ください。

SIELE読解試験
SIELE聴解試験

SIELE口頭試験

タイトルとURLをコピーしました