【SIELE】口頭試験の内容を徹底整理!【サンプル問題の分析】

SIELE oral
スポンサー
想定する読者
  • SIELEで出題される口頭の問題をみてみたい人
  • 問題を知って、SIELEの受験をしてみようか考えている人
  • SIELE対策したい人

そもそもSIELEって何?って方は、以下の記事を読んで最初にざっくりと理解するといいと思います。

その他の試験については、以下の記事をご参考ください。

SIELE読解試験
SIELE聴解試験
SIELE作文試験
スポンサー

口頭試験の内容

全体を眺める

口頭試験概要
  • Tarea :5個
  • 問題数:11
  • 試験時間:15分から20分
  • マイクの確認がある
  • Tarea 1以外は選択問題で、自分で選ばなかったら、自動的に選ばれる

初めにマイクの確認を行う

Iniciar ボタンを押すと、録音するためのマイクが正常に作動するか確認する画面が表示されます。自分で何か吹き込んでみて、それを聴くことができます。問題なければ指示に従って進んでいきます。

注意事項に書かれていること

注意点には以下の4点が書かれています。

注意事項
  • マイクボタンを押して録音するか、自動的に録音が始めるのを待つことができる
  • それぞれのTarea では質問に答えるための制限時間がある
  • 早めに回答が終わったら、停止ボタンを押す
  • 録音した音声は自動的に保存され、受験者は聴くことができない

Tarea 1:受験者個人に関する質問

Tarea1
  • 問題形式:質問を聞いて、その答えを録音する形式
  • 問題数 4つ
  • それぞれのPregunta が流れる前に少し時間がある
  • Pregunta 1,2は15秒、Pregunta 3,4は30秒の録音時間がある

質問内容は受験者個人に関わるものになっているようです。現在のこと、未来のこと、過去のことを満遍なく聞かれます。Pregunta1が流れる前に15秒間指示文を読む時間があります。急には始まりませんので、安心してください。

Tarea 2:写真描写を話す

Tarea2
  • 問題形式:提示された写真の描写を話す問題
  • 2つの選択肢から1つ選ぶ
  • 選択するのに30秒の時間がある
  • 準備時間は2分30秒
  • 録音時間は2分間
  • メモ欄が用意されている

自分が解答しやすそうな描写を決めたら、選択ボタンを押さずに、30秒を有効活用して、何を説明するか考えましょう。準備時間と合わせると3分間になり、指示文に従って何をどういうか整理しましょう。画面上にメモを取ることができますので、入力に慣れていればメモを取るのもいいでしょう。

Tarea 3 (parte1):友人との約束

Tarea3
  • 問題形式:指示文に従って、必要な情報を伝える問題
  • 2つの選択肢から1つを選択する
  • 選択する時間:30秒
  • 録音するための準備時間:20秒
  • 録音時間:1分30秒

約束を新たに取り付けるもしくは、約束を断る問題です。日常によくありそうな場面の内容ですので、事前に型を作って臨むといいかもしれない。Parte1 は友人などに話すことを想定した問題で、tú で話す問題のようです。

Tarea 3 (parte2):社会生活での約束など

Parte2 の問題構成は Parte1と同じです。違う点は、状況が少しフォーマルになっていることです。ここでは三人称Ustedを使用して話すことが要求されてます。

Tarea 4 :テーマに対して意見を言う

Tarea4
  • 問題形式:テーマに沿った文章を読んで、それにまつわる質問に対して答えていく。
  • 2つの選択肢から1つを選択する
  • テーマを選択する時間:30秒
  • 文章を読むための準備時間:1分間
  • 録音時間:1分間
  • 質問は1回までなら聞き直すことが可能

Tarea 4で選ぶOpciónはTarea5 にも関わりますので注意しましょう。テーマに沿った質問をされ、それに対して自分の意見を述べる問題です。模擬試験では『ゴミ問題』と『遺伝子組み換え食品』についてです。Tarea 4から自分の日常から離れたテーマになりますので、急に難しく感じるかもしれません。質問は1回目でなら聞き直すことが可能ですが、それができるのは自動的に録音が始まるまでの15秒間の間だけです。

Tarea 5:テーマに対して意見を言う【続】

Tarea5
  • 問題形式:テーマに沿った主張に対して「賛成」か「反対」かの立場を示し、自分の意見を述べる問題
  • 2つの主張から1つを選択する
  • テーマを選択する時間:30秒
  • 録音をするための準備時間:2分間
  • 録音時間:3〜4分間
  • メモ欄が用意されている

Tarea5 では最初にTarea4にて選んだテーマについて、2つの主張が表示されます。それを選んだ後は、自分はその主張に「賛成」なのか「反対」なのかを明確にして、自分の意見を述べていく問題になっています。

意見を述べていく際、以下のことを含める必要があります。

  • 賛成か反対かを述べる
  • 論拠を示しながら、主張の裏付けをする
  • 具体例を示す
  • 結論をまとめる

テーマの論旨を掴んで、いかに自分の意見をまとめて話せるかが鍵になってきそうです。それにしても、ここまでくると難しいですね。

以上です。ここまで読んでいただいたのなら、口頭試験の概要は掴めたのではないでしょうか。SIELEに限らず、試験を受験する前にはどんな試験なのかを知ることが重要です。

他の模擬試験についてもまとめていますので、SIELE Global の受験を考えている人は合わせてご覧ください。

SIELE読解試験
SIELE聴解試験
SIELE作文試験

タイトルとURLをコピーしました