Youtube にてスペイン語版お節料理の作り方を公開中!

【願望の表現】スペイン語で「〜して欲しい」を言う【接続法】

接続法 願望 スペイン語
スポンサー
想定している読者
  • 接続法を使って『願望』を言いたい人
  • スペイン語で、他人に「何かをしてもらいたい」と言いたい人
  • スペイン語の接続法を学びたい人

自分の願望を他人に伝えるにはどうすればいいでしょうか。

願望には「自分が〜したい」という自分への願望と「他人に〜してもらいたい」という他人への願望があります。

Yuki
Yuki

「自分が〜したい」と言いたい時は「Quiero + 不定詞」で良さそうでだけど。

この記事では、願望表現の使い分けを解説します。

例文で構造理解していってください!
記事の要約
  • 自分の願望は「願望の動詞 + 不定詞」
  • 他人への願望は「願望の動詞 + que + 接続法」
  • 他人への願望は複文になるため、時制の一致に注意する
スポンサー

願望の動詞の使い分け

接続法の用法は大きく5パターンに分かれますが、今回の表現『願望』は名詞節での用法になります。名詞節とは名詞の働きをする文・かたまりと捉えてください。その名詞節の中で接続法が用いられます。
関連 【接続法は5パターン】スペイン語の直説法と接続法の違いとは

自分が「〜したい」と言いたい場合と、他人に「〜して欲しい」と言いたい場合とでは、表現が異なります。

自分の願望
他人への願望
  • 自分が「〜したい」
  • 単文
  • 願望の動詞 + 不定詞
  • 他人に「〜してほしい」
  • 複文
  • 願望の動詞 + que + 接続法

ここでの que は接続詞ですが、自分への願望は単文で表現でき、他人への願望は que を用いて複文にします。

複文にすると、主語と動詞が2つ以上出てきますが、特に動詞に関しては区別するために que 内の動詞を接続法にします。

願望表現の使い分けのポイントは、他人への願望「誰々に〜してほしい」という表現は接続法を用いるという点です。

また、主節の時制によって、従属節の時制が変化しますので、そこだけ注意しましょう。

願望の動詞リスト
  • Querer que 接続法「〜に…してほしい」
  • Esperar que 接続法「〜が…することを期待する」
  • Desear que 接続法「〜が…することを望む」
  • Tener ganas de que 接続法「〜に…してほしい」
  • Preferir que 接続法「〜が…するほうがいい」
  • Me gustaría que 接続法「できれば〜に…してほしいのですが」
  • Quisiera que 接続法「できれば〜に…してほしいのですが」
  • Intentar que 接続法「〜が…するように試みる」
  • Ojalá que 接続法「どうか〜でありますように」
いちばんはじめの例文から学ぶ接続法
  • 接続法の全体像を把握できる
  • それぞれの項目が1ページにまとめられているので、学習・検索がしやすい
  • 学習の流れが示されているので、独学でも安心
ブログ記事と連携した教材です。

願望表現の使い方

主文が現在時制

Yo prefiero estar aquí.
私は(どちらかといえば)ここにいる方がいい。

Yo prefiero que Ud. esté aquí.
私は(どちらかと言えば)あなたにここにいてほしい。

解説
動詞 preferir は「〜の方がいい」という意味の願望の動詞ですが、動詞の行為者(例文中では、私Yoです)が自分の願望を述べる場合は『preferir + 不定形』になります。

それに対して、他者(例文中では、あなたUd.)に対して「〜してもらった方がいい」という場合は、que + 接続法になります。

主文の動詞 preferir が現在時制をとっているので、従属文も現在形、つまり接続法現在形になります。

主文が過去時制

Quería ir a Panamá.
私はパナマに行きたかった。

Quería que mi novia también fuera a Panamá.
私は彼女にもパナマに行って欲しかった。

解説
主文の動詞querer は「〜したい」という意味の願望の動詞です。どちらの例文も主文の動詞はQuería ですので、過去時制になっています。願望の対象が他人に対しての場合は「接続法」を用います。ここまでは、先程の例と同じです。

ここでは、主文の動詞が過去時制の場合は、従属文も時制をずらして接続法過去になります。

その他の時制

Quisiera que mi novia también fuera a Panamá.
Me gustaría que mi novia también fuera a Panamá.
私はできれば彼女にもパナマに行って欲しいんですが。

解説
Quisiera やMe gustaría は「できれば〜」という婉曲表現で使われます。quisiera は『接続法過去』で、Me gustaría は『直説法過去未来』です。これらが主文の動詞として使われる時は、従属文も過去時制になります。そのため、例文中では動詞Ir が接続法過去形のfuera に活用されています。

まとめ

記事の内容をまとめます。

ニュアンスは理解できましたか
記事のまとめ
  • 自分の願望は「願望の動詞 + 不定詞」
  • 他人への願望は「願望の動詞 + que + 接続法」
  • 他人への願望は複文になるため、時制の一致に注意する

音読は語学習得の1番の近道です。例文をスラスラ読めるようになってきたら、例文を参考に口頭で作文してみましょう。
参考【音読のメリット5選】文章をスラスラ読めるようになりたい人へ【スペイン語】

独学で接続法を学習する際に手元に置いておくと安心できる教材を比較検討しました。問題をどんどん解いて、吸収しましょう。
関連 【初心者向け】接続法テキストを4冊比較【スペイン語】

いちばんはじめの例文から学ぶ接続法
  • 接続法の全体像を把握できる
  • それぞれの項目が1ページにまとめられているので、学習・検索がしやすい
  • 学習の流れが示されているので、独学でも安心
ブログ記事と連携した教材です。

\閲覧ありがとうございます/
当サイトはスペイン語学習者の勉強のハードルを下げることを目指しています。

Caminando hacia... のコンテンツが役に立ったという方はサポートしていただけると励みになります!

タイトルとURLをコピーしました