Te estás olvidando de mí – Beret 歌詞・和訳

Te estás olvidando de mí 和訳
スポンサー

今回は Beret が2021年2月にリリースした『Te estás olvidando de mí』を紹介します。Beret はスペインのセビージャ出身、2021年時点でなんと25歳の若きアーティストです。小さい頃からラップやレゲエに触れ、音楽に親しんできたそう。

筆者が Beret を知ったのは、Morat とコラボした『Porfa, no te vayas』がきっかけ。こちらもどハマり中の曲ですが、Beret のかすれ声がアクセントになっていて癖になります。
関連 Porfa no te vayas – Morat y Beret 歌詞・和訳

本曲も Beret のかすれ声満載ですが、アコギの音色とマッチしていて、切ない曲なのに何回も聴いてしまいます。

スポンサー

歌詞・和訳

Te estás olvidando de mí.
Y es normal porque no hay otro sitio peor en el mundo que quedarte aquí.
Porque tú te empeñaste en quererme a pesar de que nada te hiciese feliz.
Te estás olvidando de mí.
Y yo no me olvido de ti.
君は僕を忘れかけている。
当然だよね。だって、君がいる所よりもひどい場所は他にはないから。
たとえ君は幸せじゃなくても、僕を愛そうとしてくれたから。
君は僕を忘れかけている。
それでも、僕は君を忘れない。

Quiero que me llenes de miedos para que no piense estar contigo.
Intento sacarte defectos para poder dormir tranquilo.
Porque si tuviera manera de poder beber de tu río
Sin que me lleve la marea, sí que me anclaba contigo.
君と一緒にいようと思わないように、恐怖で満たして欲しい。
僕は落ち着いて寝られるように、君のダメなところを見つけようとしている。
君という川からそれを見つけられればなぁ。
潮の流れが僕を連れ去らなければ、君と一緒に錨をおろすのに。
(この部分は夢の中の話?:船・水の流れ)

Te estás olvidando de mí.
Y es normal porque no hay otro sitio peor en el mundo que quedarte aquí.
Porque tú te empeñaste en quererme a pesar de que nada te hiciese feliz.
Te estás olvidando de mí.
Y yo no me olvido de ti.
君は僕を忘れかけている。
当然だよね。だって、君がいる所よりもひどい場所は他にはないから。
たとえ君は幸せじゃなくても、僕を愛そうとしてくれたから。
君は僕を忘れかけている。
それでも、僕は君を忘れない。

Puedo decirte que lo tengo todo.
Puedo negar que no me siento solo.
Y vas a verme brillar como el oro.
Pero nunca van a brillar mis ojos.
Y me di cuenta que siempre he pensado en ti, pero nunca contigo.
Si te quería coser tú ya perdiste el hilo.
Dejarte por sentir no tiene sentido.
何でも持っているって言えるよ。
孤独を感じないとは言わないよ。
そして、黄金のように輝く僕をみることになるよ。
でも決して僕の目は輝かないんだ。
気づいたんだ、いつも君のことを考えているけれど、君と一緒ではないって。
もし君という人を縫いたかったとしても、君はもう糸を失っていたよね。
思いを込めて君を置いておくことに意味はないんだ。
(これも夢の話?:人形)

Porque te quiero demasiado.
Y eso lo sabes, vida mía.
¿Y cómo no quieres que nade si veo que el barco se hundía?
¿Por qué para ti soy el malo y tú para mí eres mi vida?
Porque la única verdad era mentirnos cada día.
だって、君のことが好きすぎるんだ。
そのことは知っているよね。それが僕の人生さ。
どうして僕が(僕らの)船が沈んだのに気づいても、泳いで欲しくないんだい。
どうして君にとっては僕は悪いやつで、僕にとっては君は人生そのものなんだろう?
なぜなら、本当は毎日お互い嘘をついていたから。

Te estás olvidando de mí.
Y es normal porque no hay otro sitio peor en el mundo que quedarte aquí.
Porque tú te empeñaste en quererme a pesar de que nada te hiciese feliz.
Te estás olvidando de mí.
Y yo no me olvido de ti.
君は僕を忘れかけている。
当然だよね。だって、君がいる所よりもひどい場所は他にはないから。
たとえ君は幸せじゃなくても、僕を愛そうとしてくれたから。
君は僕を忘れかけている。
それでも、僕は君を忘れない。

Porque siempre he estado ciego por la forma en que te miro.
Y siempre sé que me quedo después de que me despido.
Yo nunca pedí de más y tú eres más de lo que pido.
Y vuelvo a releer tu libro aunque ya me lo he leído. 
いつも君をみることばかりに夢中になっているからね。
別れた後にいつも一人残っていることに気づくんだ。
僕は必要なことしか頼まないけど、君は僕が思う以上のことをしてくれる。
読み終わった君の物語を何度も読み返すんだ。
(君の夢を何度も見るんだということ?)

Porque te quiero demasiado.
Y eso lo sabes, vida mía.
¿Y cómo no quieres que nade si veo que el barco se hundía?
¿Por qué para ti soy el malo y tú para mí eres mi vida?
Porque la única verdad era mentirnos cada día.
だって、君のことが好きすぎるんだ。
そのことは知っているよね。それが僕の人生さ。
どうして僕が(僕らの)船が沈んだのに気づいても、泳いで欲しくないんだい。
どうして君にとっては僕は悪いやつで、僕にとっては君は人生そのものなんだろう?
なぜなら、本当は毎日お互い嘘をついていたから。

Te estás olvidando de mí.
君は僕を忘れかけている。