現在サイトリニューアル中!

単語帳は必要か?その意味と本質を考える【スペイン語】

スペイン語 単語帳 必要性
想定している読者
  • スペイン語学習に単語帳は必要なのかどうか考えている人
  • どんな単語帳を買うべきか迷っている人

スペイン語学習に単語帳は必要でしょうか。

単語帳を使うべきなのはスペイン語学習を始めてから初級文法を習得するまでです。つまり、単語帳は初心者向けの教材です。

この記事ではどうしてこの結論に至ったのかを説明します。

筆者は学習し始めた当初、いちばんはじめのスペイン語単語を用いて語彙力向上を図りました。現在、この単語帳は使用していませんが、全部で20週はしました。
関連 【初心者向け】スペイン語単語帳のルールと進め方

目次

単語帳への誤解と本質

単語帳がスペイン語学習に必要かどうかを考える前に、まず単語帳の意味を考えてみます。

私たちの多くは語学を始める際に、まず単語帳を購入しようとします。単語帳を使おうとする理由は語彙力を向上させたいからです。

Yuki

私たちは単語が語学の基礎になっていることを知っています。

いざ、単語帳を購入する時には、多種多様な単語帳の中から選んで購入するのに迷ってしまいます。

しかも、最近は辞書化が進んでいる単語帳も見かけます。単語帳なのに辞書のように情報が多く掲載されているということです。

一見すると、情報量が多く、お得感があり良いように思いますが、単語帳としてはあまりおすすめできません。これらは単語帳が持つ役割と辞書が持つ役割を履き違えています

それなら辞書を使って学習すれば良いわけです。辞書の方が情報量は圧倒的に多いです。

単語帳の本質は重要な単語を効率よく覚えること

単語帳は効率よく単語を覚えるための教材です。膨大にある単語の中から特に重要な単語を1000語ないしは2000語を抜き出して、まとめたものが単語帳です。

それにも関わらず、例文が掲載されているものがあります。例文を観察して、単語の使い方を勉強する(例文分析)のは辞書で行います。
関連 スペイン語辞書の効果的な使い方【辞書は単語帳じゃない】

なぜなら、単語には複数の意味を持つものが多くあるからです。

1単語につき、1例文が掲載されていても圧倒的に足りません

つまり、その例文はあまり意味を持たないということです。そのため、単語帳に例文は必要ないと考えています。

スペイン語学習に単語帳は必要か

単語帳は入門者の学習を助けてくれる

単語帳が重要な単語を効率よく覚えるための教材であることが分かりましたが、単語帳が学習に必要かどうかは別の話です。

初級文法を一通り学習し終えるまでの初心者には単語帳は必要

記事の冒頭でも述べましたが、筆者は『入門者から初心者にとって単語帳は必要だ』と考えます。というよりもあった方がいいと思います。

初級者が学習を継続するのに必要なのは、スピード感と成長できているという実感です。

Yuki

やってもやっても覚えられていない状態が続いたり、分からないことが多すぎると学習自体が嫌になってしまいます。

そうならないように、重要な部分・単語がまとめられている単語帳を、初心者は有効に使っていくべきです。

入門者・初級者が目指すべきことは、初級文法(直説法〜命令法・接続法まで)を学習し切ることです。

単語帳で語彙力を補強しながら、短文例文や練習問題が十分に掲載されている文法書・問題集を解いていくことで初級文法を習得しましょう。

単語帳には頻出単語が掲載されていますし、一般的な文法書や問題集の例文にはそれらの頻出単語が使われていますので、学習がしやすいでしょう。

学習し始めの頃には単語帳は必要です。

ちなみに、語彙力を向上させる方法として「長文を読みながら知らない単語を辞書で調べていく」というものがあります。

この方法は次のようなメリットがあります。

  1. 文脈によって記憶に残りやすい
  2. 文中での使われ方も学べる

しかし、初心者にとっていきなり長文を読むのはハードルが高すぎます。初級文法が終了している人はどんどん長文を読むべきですが、まだそこまで学習できていない人には効率が悪いです。

逆に、文法を一通り学習し終えた人は、単語帳に頼らずにどんどんスペイン語のニュースや書籍を読むべきです。

初心者向けの単語帳とは?

では、初心者は具体的にどんな単語帳を購入すべきなのでしょうか。

筆者は『ジャンル別で例文なし』のものを選ぶべきだと考えます。ジャンル別であるのは、単語同士を紐付けてまとめて覚えられるからです。

スペイン語辞書や単語帳の選び方については以下の記事で解説していますので、合わせてご覧下さい。
関連 【初心者向け】スペイン語の参考書は〇〇で選べ!

単語の掲載量は重要視していません。1000単語だろうが2000単語だろうが、大して変わりません。2000単語だからといって、文法書の例文が劇的に理解しやすくなるということもないでしょう。

筆者が入門時に使用した単語帳はいちばんはじめのスペイン語単語です。

この単語帳は「例文あり」のものでした。

Yuki

学習をしていく中で例文は必要ないという結論に至りました。

スペイン語入門者向けのおすすめ単語帳については【初心者向け】スペイン語おすすめ単語帳3選比較にて比較検討しているので、自分に合う単語帳を探してみてください。

まとめ

最後に、本記事の内容をまとめます。

単語帳を終えたその時が初心者脱却の瞬間です!
記事のまとめ
  • 単語帳は重要な単語を効率よく覚えるための教材
  • 初級文法を一通り学習し終えるまでの初心者には単語帳は必要
  • 単語帳は掲載量を気にせず『ジャンル別で例文なし』のものを選ぶと良い

単語帳の必要性について理解できたでしょうか。

ある程度スペイン語の学習が進んだという人は、単語帳に頼らず、どんどんスペイン語のニュースなど記事を読んで語彙力を高めましょう。
関連 FeedlyとInstapaperを使ってスペイン語学習の効率アップ

スペイン語学習の入門を果たした人は、ぜひ単語帳をフルに活用して初心者脱却を目指してください。まずは単語帳を繰り返し音読して、マスターしてください。
関連 【初心者向け】スペイン語単語帳のルールと進め方

以上です。この記事が少しでも役にたてば嬉しいです。

スペイン語 単語帳 必要性

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメントする

目次