TEDシャドーイング教材更新しました!(2022.05)

ni siquiera「すらない」接続詞や副詞としても使えるフレーズ【スペイン語】

スペイン語 ni siquiera
スポンサー
想定している読者
  • 「〜すらない」や「〜さえできない」などのフレーズをスペイン語で言いたい人
  • ni siquieraの意味や使い方を知りたい人

この記事では、「〜すらない」という意味の”ni siquiera”の使い方を紹介していきます。例文を通して説明しているので、最後まで読んでみてくださいね。

Yuki
Yuki

リスニングをしていると意外と聞こえてきます。

ただ、この熟語ni siquieraは中級フレーズですので、学習を始めたばかりの人はそこまで気にしなくていいです。

ni siquieraについてはPodcastでも解説しているので、よければご視聴ください。

スポンサー

ni siquieraの意味と使い方

まずはni siquieraのポイントを押さえましょう!
ni siquieraのポイント
  • 接続詞ni+副詞siquiera
  • 接続詞と副詞どちらの働きもする。
  • ni siquieraはni tampocoに似ている。
  • ni siquieraは最低限のことを述べるのに使える。

ni siquieraは接続詞niと副詞siquieraが組み合わさった熟語です。そのため、接続詞と副詞の両方の働きをします。意味は「〜すら…ない」とか「〜さえ…ない」となります。

ちなみに、siquieraは今回のようなniやsinなどの否定語とくっついて、意味を強調します。

ni siquieraは「〜すらない」とか「〜さえ…ない」のように最低限のことができない場合に使えると言えます。

ni siquieraの使い方は次の3パターンでしょうか。

  • 文 ni siquiera 文【接続詞として】
  • 名詞(句) ni siquiera 名詞(句)【接続詞として】
  • ni siquiera 動詞【副詞として】

接続詞のniは等位接続詞といって、2つ以上の要素をつなげる働きがあります。要素というのはここでは文や名詞などを指します。

例文を通して3パターンの使い方を見ていきましょう。

1. 文をつなぐni siquiera【接続詞】

No entiendo nada, ni siquiera sé de qué me estás hablando.
私は何も理解できていません。君が何について話しているのかすらわかりません。

解説
例文のni siquieraは接続詞として働いています。

【文1】No entiendo nada.
【接続】ni siquiera
【文2】sé de qué me estás hablando.

理解云々以前に、何を話されているのかさえ分からない状態だったということです。「何を話しているのか分かる」ことが最低限のラインです。

接続詞の部分はniだけでも意味は通じますが、ni siquieraにすることで、否定の意味を強調できます。

José no ha cocinado ni siquiera ha utilizado el cuchillo.
ホセは料理したことがなく、包丁すら使ったこともない。

解説
この例文もni siquieraは接続詞として働いています。

【文1】José no ha cocinado.
【接続】ni siquiera
【文2】ha utilizado el cuchillo.

料理には、いろんなスキルが必要ですが、その中でも包丁を持ったことすらないことを最低限のラインとして話しています。

2. 名詞(句)をつなぐni siquiera【接続詞】

He sentido un dolor fuerte en el estómago. Por eso no tengo ganas de comer nada ni siquiera beber agua.
胃に強い痛みを感じているから、何も食べる気が起きないし、水すら飲む気にならない。

解説
例文のni siquieraは接続詞として働いていますが、繋いでいる要素は「名詞(句)」になります。

【名詞句1】comer nada
【接続】ni siquiera
【名詞句2】beber agua

今回の場合は、tener ganas de 不定詞「〜したい、〜する気がある」というフレーズの不定詞部分を等位接続しています。

ni siquieraはni tampoco「〜もまた…ない」と似ていますね。ただし、最低限のラインとして「水を飲むことすらできない」と言いたい場合はni siquieraの方が適しているでしょう。

Nadie le ayudó a José, ni siquiera su familia.
誰もホセを手助けしなかった。彼の家族さえも。

解説
この例文でも、ni siquieraは接続詞として働いていますが、繋いでいる要素は「名詞」になります。

【名詞句1】Nadie
【接続】ni siquiera
【名詞句2】su familia

Nadieは文の主語にあたりますが、ni siquieraが繋いでいるsu familiaも主語になります。「彼の家族すらホセを手助けしなかった」という意味になります。

最後の砦である家族までも手助けしてくれなかったということなので、ni tampocoよりもni siquieraの方が良さそうです。

3. 動詞を修飾するni siquiera【副詞】

¿Ni siquiera comenzaste a vestirte aún?
まだ着替え始めてすらいないの?

解説
例文でのni siquieraは動詞を修飾する副詞として働いています。ここでは動詞comenzar「始める」を修飾しています。

今回のように「ni siquiera+動詞」のパターンも覚えておくといいでしょう。

niはnoの代わりに用いられることがありますので、ここでは冒頭にきています。

El proyecto no alcanza ni siquiera a la mitad de lo que se esperaba.
プロジェクトは期待の半分にさえ達しなかった。

解説
例文でのni siquieraは副詞として動詞alcanzarを修飾しています。副詞ですので動詞を後ろから修飾することもあります。

la mitad de lo que se esperabaは直訳すると「期待されていたものの半分」となります。alcanzar a…で「〜に達する」という意味です。

まとめ

記事の内容をまとめます。

理解できたでしょうか?
ni siquieraのポイント
  • 接続詞ni+副詞siquiera
  • 接続詞と副詞どちらの働きもする。
  • ni siquieraはni tampocoに似ている。
  • ni siquieraは最低限のことを述べるのに使える。

ここまで読んでくださりありがとうございます。スペイン語学習の役に立てれば嬉しいです。

\閲覧ありがとうございます/
当サイトはスペイン語学習者の勉強のハードルを下げることを目指しています。

Caminando hacia... のコンテンツが役に立ったという方はサポートしていただけると励みになります!

タイトルとURLをコピーしました