TEDシャドーイング教材更新しました!(2022.05)

DELEの結果は何が・いつ届くの?【受験後の不安を解消】

DELE 結果
スポンサー
想定している読者
  • DELEの結果が待ち遠しい人
  • 初めてDELEを受験した人

DELEを受験した後は、手応えがどうれであれ、結果がいつ届くのか気になるものです。結果の確認方法は現在(2021年時点)2種類あります。

Yuki
Yuki

毎日メールやHPを確認したりするのは少し面倒ですよね。

おおよそ、いつ結果が届くのかが分かっていれば、少しはその状況を改善できそうです。

そこでこの記事では、DELEを受験した後『何が、いつ届くのか』を説明します。筆者と同じように初受験をした人が不要な不安を持たなくて済むように、受験後の流れをまとめました。

記事の要約
  • 受験後はCertificado(合格通知)と Diploma(合格証書)が届く
  • Certificado は3ヶ月後、Diploma は1年以内に届く
スポンサー

受験後に届くもの

DELEを受験したあとに届くものは以下の2種類あります。

これらがそれぞれどのようなものか見ていきましょう!
DELE受験後に届くもの
  • Certificado 合否通知
  • Diploma 合格証書

Certificado

Certificado は受験者が合否を確認するための書類で、受験者全員に送られます。

Certificadoで確認できること
  • 4つの試験における自分の得点
  • 合否(AptoかNo Aptoか)
  • いつ成績が承認されたのか
  • Certificadoが本物かどうかを確かめるコード

自分の得点が基準を満たしていればApto(合格)となり、足りなければNo Apto(不合格)となります。
関連 【保存版】DELEの点数はどのように決まるのか【採点方法まとめ】

いつこのCertificadoが発行されたのかを知りたければ、Fecha de aprobación de actas de calificación の日付を見ましょう。

筆者の場合は、2020年9月15日に承認されたということが分かります。2020年7月受験でしたので、約2ヶ月後に承認ということですね。

そして、もう一つ「Certificadoの有効性を確かめるためのコード」が記載されています。写真の赤枠のところです。

これは例えば、就活の際にスペイン語レベルの証明を求められた時に、相手側が本物なのかどうかを確認するために必要になってきます。実際、これを用いて確認しているかは分かりませんが、指定のWebページにてこのコードを入力すると、証明書が取得できます。

他にもこのコードをメモしておけば、仮にCertificadoの電子データを紛失してもすぐに再取得もできます。

Diploma

Certificado の他に以下のような Diploma(合格証明書)が届きます。

Diploma は受験から約1年後に登録した住所に届きました*

*上記の Diploma は筆者のものではありません。相変わらず、筆者の分は届きません。おそらく、住所変更がうまく処理されなかったのが原因でしょう。

Yuki
Yuki

受験前後で引っ越し等で住所が変わる場合は、変更があった時点にすぐにオンラインマイページで変更するか、Instituto Cervantes 東京に問い合わせましょう。

結果はいつ届くのか

では、それら2種類の証明書はいつ届くのでしょうか。Instituto Cervantes 東京によると以下の通りです。

  • Certificado ▶︎ 約3ヶ月後
  • Diploma ▶︎ 約1年以内

当たり前ですが、電子データである Certificado は紙ベースの Diploma よりも届くのが早いようです。

最初は「1年!?」と驚きましたが、世界中の受験者のデータをスペインの本部に集めて1枚ずつ公的処理を行うことを考えたらそうでもないかなと思えました。

Yuki
Yuki

早く欲しい気持ちをグッと堪えて気長に待ちましょう!

Certificado は公的な証明になりますので、就活などで使いたい場合はそこまで困ることはなさそうです。

7月受験は2ヶ月で届く!?

筆者が2020/07/13に受験した時は9月15日にメール(Certificado付き)で届いたので、2ヶ月程度かかりました。予定より早かったのは、受験者数が関係しているかもしれませんね。感染症が再拡大している時期でしたので、普段より受験者は少なかったのかもしれません。

11月受験の場合は、受験者が全国に及ぶことと年末休みを挟むため、3ヶ月かかるのかなと思います。2021年2月11日に、2020年11月受験の結果が出ましたので、これは公式発表通りということになります。

Diploma に関しては、前述の通り1年後に届きました。

結果の確認方法

受験者にとって一番気になるのは、やはり合否です。受験したあと数日は、DELEの結果が気になって仕方ないでしょう。

Diploma は指定した住所に郵送で届きます。指定した住所というのは、DELE申し込み時に登録した住所のことです。受験者データを修正したい場合は Instituto Cervantes にて変更できます。

Certificadoの確認方法は「メール」と「オンライン」の2種類あります。メールは、Instituto Cervantes から送られてきます。メールが来るのを待てないという人は、オンラインで確認することができます。手順は以下の2ステップです。

オンラインでの確認手順
  • STEP1
    登録・ログイン

    スペイン語版の Instituto Cervantes のサイトでログインをする

  • STEP2
    該当データをダウンロード

    Mis inscripciones もしくは Mis certificaciones のどちらかをクリックし、該当データをダウンロードする

1. 登録・ログイン

スペイン語版の Instituto Cervantes のサイトでログインするには、まず登録をしないといけません。DELEの受験料を銀行決済ではなく、オンライン決済で支払った人は登録する必要はありません。

画面右上の「INICIAR SESIÓN」をクリックします。

オンライン決済をした人は、既に登録したメールアドレスとパスワードを入力します。初めてログインする際のパスワードは銀行決済に登録した時に送られてくるメールに記載されています。ログイン後変更できます。もし、メールがない場合は「Solicitar nueva contraseña」をクリックして新しいパスワードを設定してください。

銀行決済をした人が新しく登録する際も「Solicitar nueva contraseña」をクリックします。送られてくるメールに記載されているリンクから、指示に従ってパスワードを設定してください。

注意すべき点は、登録したメールアドレスを忘れてしまって新しく作り直しても、DELE申し込み時のものと紐付けされないので、自分のデータを確認できません(そのアカウントには何も更新されません)。メールアドレスを忘れてしまった場合は、DELE事務局の deletok@cervantes.es に連絡しましょう。

2. 該当データをダウンロード

ログインできたら、Mis inscripciones もしくはMis certificaciones のどちらかをクリックし、該当データをダウンロードしましょう。

まとめ

記事の内容をまとめます。

2種類の違いは理解できましたか?
記事のまとめ
  • 受験後は Certificado(合格通知)と Diploma(合格証書)が届く
  • Certificado は3ヶ月後、Diploma は1年以内に届く

以上です。この記事が少しでも役に立てば嬉しいです。

\閲覧ありがとうございます/
当サイトはスペイン語学習者の勉強のハードルを下げることを目指しています。

Caminando hacia... のコンテンツが役に立ったという方はサポートしていただけると励みになります!

タイトルとURLをコピーしました