外国語のレベル•習熟度を測るMCERとは【スペイン語】

スペイン語 MCER
スポンサー
想定している読者
  • MCERとは何か知りたい人
  • スペイン語の習得レベルにはどんな差があるのか知りたい人
  • 自分のスペイン語レベルを自己評価してみたい人

MCERとは何か知ることで、特に、これからスペイン語を勉強しようと考えている人がどのレベルを目指すべきか判断できればいいなと思います。

Yuki
Yuki

・元高校数学教師

・JICA青年海外協力隊OV(パナマ隊員)

・久米島の地域おこし協力隊員

スペイン語学習者のハードルを下げるために、当サイトを運営しています。一緒にスペイン語の可能性を広げていきましょう。(DELE B1,SIELE 616点所持)

筆者はスペイン語に出会ってから、2年近くになります(2021年2月時点)。学習を進めていく中で語学のレベルを示すA1,A2, …,C2などの基準があることを知り、言語の共通な枠組としてのMCERについて興味を持って調べてみました。

スポンサー

MCERとは何か

MCERは”Marco Común Europeo de Referencia” の略称です。日本語では、ヨーロッパ言語共通参照枠と言います。これは言語の習得状況を評価するために考案されたすべての言語に共通した「ものさし」のことです。

共通の基準を使って、多様にある語学レベルを統一してみれるようにしたということです。

MCERの英語版のCEFR(セファール)というのは、聞いたことがあるかもしれません。大学入試のためには英検をはじめとする検定を受験する必要が出てきたためです。

文部科学省より

英語の試験に比べ、スペイン語の語学力を測れるスペイン語の試験は多くありません。上表のような図を作成すると以下のようになります。

MCER西検DELESIELE
C2 C2 
C11級C1858-1000
B22級B2685-857
B13級B1459-684
A24級A2277-458
A15級・6級A1140-276

 

とはいえ、3つあるスペイン語試験をレベルだけみて、どれを受験すべきか判断するのは難しいです。まずはそれぞれの試験がどんな試験なのか把握することから始めましょう。
関連 【結局どれを受けたらいいの?】DELE,SIELE,西検を10項目徹底比較【スペイン語試験】

MCERの内容

上述した通り、スペイン語においては、語学習得レベルは6段階に分かれています。

 

レベルレベルの内容
A1

Es capaz de comprender y utilizar expresiones cotidianas de uso muy frecuente, así como, frases sencillas destinadas a satisfacer necesidades de tipo inmediato.

Puede presentarse a sí mismo y a otros, pedir y dar información personal básica sobre su domicilio, sus pertenencias y las personas que conoce.

Puede relacionarse de forma elemental siempre que su interlocutor hable despacio y con claridad y esté dispuesto a cooperar.

具体的な欲求を満足させるための、よく使われる日常的表現と基本的な言い回しは理解し、用いることができる。自分 や他人を紹介することができ、住んでいるところや、誰と知り合いであるか、持ち物などの個人的情報について、質問をし たり、答えたりすることができる。もし、相手がゆっくり、はっきりと話して、助けが得られるならば、簡単なやり取りをすること ができる。

A2

Es capaz de comprender frases y expresiones de uso frecuente relacionadas con áreas de experiencia que le son especialmente relevantes (información básica sobre sí mismo y su familia, compras, lugares de interés, ocupaciones, etc.).

Sabe comunicarse a la hora de llevar a cabo tareas simples y cotidianas que no requieran más que intercambios sencillos y directos de información sobre cuestiones que le son conocidas o habituales.

Sabe describir en términos sencillos aspectos de su pasado y su entorno, así como cuestiones relacionadas con sus necesidades inmediatas.

ごく基本的な個人情報や家族情報、買い物、地元の地理、仕事など、直接的関係がある領域に関しては、文やよく 使われる表現が理解できる。簡単で日常的な範囲なら、身近で日常の事柄について、単純で直接的な情報交換に 応じることができる。

B1

Es capaz de comprender los puntos principales de textos claros y en lengua estándar si tratan sobre cuestiones que le son conocidas, ya sea en situaciones de trabajo, de estudio o de ocio.

Sabe desenvolverse en la mayor parte de las situaciones que pueden surgir durante un viaje por zonas donde se utiliza la lengua.

Es capaz de producir textos sencillos y coherentes sobre temas que le son familiares o en los que tiene un interés personal.

Puede describir experiencias, acontecimientos, deseos y aspiraciones, así como justificar brevemente sus opiniones o explicar sus planes.

仕事、学校、娯楽などで普段出会うような身近な話題について、標準的な話し方であれば、主要な点を理解できる。 その言葉が話されている地域にいるときに起こりそうな、たいていの事態に対処することができる。身近な話題や個人的 に関心のある話題について、筋の通った簡単な文章を作ることができる。

B2

Es capaz de entender las ideas principales de textos complejos que traten de temas tanto concretos como abstractos, incluso si son de carácter técnico, siempre que estén dentro de su campo de especialización.

Puede relacionarse con hablantes nativos con un grado suficiente de fluidez y
naturalidad, de modo que la comunicación se realice sin esfuerzo por parte de los interlocutores.

Puede producir textos claros y detallados sobre temas diversos, así como defender un punto de vista sobre temas generales, indicando los pros y los contras de las distintas opciones.

自分の専門分野の技術的な議論も含めて、抽象的な話題でも具体的な話題でも、複雑な文章の主要な内容を理 解できる。母語話者とはお互いに緊張しないで普通にやり取りができるくらい流暢かつ自然である。幅広い話題について、 明確で詳細な文章を作ることができる。

C1

Es capaz de comprender una amplia variedad de textos extensos y con cierto nivel de exigencia, así como reconocer en ellos sentidos implícitos.

Sabe expresarse de forma fluida y espontánea sin muestras muy evidentes de esfuerzo para encontrar la expresión adecuada.

Puede hacer un uso flexible y efectivo del idioma para fines sociales, académicos y profesionales.

Puede producir textos claros, bien estructurados y detallados sobre temas de cierta complejidad, mostrando un uso correcto de los mecanismos de organización, articulación y cohesión del texto.

いろいろな種類の高度な内容のかなり長い文章を理解して、含意を把握できる。言葉を探しているという印象を与えず に、流暢に、また自然に自己表現ができる。社会生活を営むため、また学問上や職業上の目的で、言葉を柔軟かつ 効果的に用いることができる。複雑な話題について明確で、しっかりとした構成の、詳細な文章を作ることができる。

C2

Es capaz de comprender con facilidad prácticamente todo lo que oye o lee.

Sabe reconstruir la información y los argumentos procedentes de diversas fuentes, ya sean en lengua hablada o escrita, y presentarlos de manera coherente y resumida.

Puede expresarse espontáneamente, con gran fluidez y con un grado de precisión que le permite diferenciar pequeños matices de significado incluso en situaciones de mayor complejidad.

聞いたり読んだりした、ほぼ全てのものを容易に理解することができる。いろいろな話し言葉や書き言葉から得た情報を まとめ、根拠も論点も一貫した方法で再構築できる。自然に、流暢かつ正確に自己表現ができる。

MCERの原本は以下の Centro Virtual Cervantes 公式サイトから取得できます。
Marco común europeo de referencia para las lenguas: aprendizaje, enseñanza, evaluación

MCERの基になった評価基準なども記載されていて、非常に興味深いです。

タイトルとURLをコピーしました