コンデンサーマイク『AKG Lyra-Y3』徹底レビュー【初心者向け】

AKG Lyra-Y3 レビュー
スポンサー
想定している読者
  • AKG Lyra-Y3のマイクを購入するかどうか迷っている人
  • iPadやiPhone につなげて、簡単に収録できるか知りたい人
  • 使い方が簡単かどうか知りたい、または接続方法を知りたい人

最近は Podcast をはじめとした音声市場が盛り上がってきましたので、他の番組と差を付けようとみなさん、工夫されていると思います。番組の内容が興味あるものかどうかが重要ですが、お金をかけて音質にも拘りたいところではないでしょうか。

そこで今回は、初心者向けにおすすめできる『AKG Lyra-Y3』を紹介します。

記事の信頼性

筆者は Podacster としてスペイン語学習番組『Caminando hacia… 』を配信しています。その収録マイクとして「AKG Lyra-Y3」を使い始めて約1ヶ月(2020年10月時点)が経ちましたので、その使用感をレビューします。比較のために使用前後のエピソードを貼り付けておきます。

Apple 純正のボイスメモで収録

AKG Lyra-Y3で収録

スポンサー

AKG Lyra-Y3とは

細かいスペックは以下の通りです。初心者が押さえておきたいポイントは3つだと思います。

  • コンデンサー型
  • 収録方法(指向特性)が4種類ある
  • USB接続できる(iPhoneなどが接続できる)
  • USB電源
形式コンデンサー型
指向特性フロント/フロント&バック/タイトステレオ/ワイドステレオ
周波数特性20Hz~20kHz
最大音圧レベル129dB SPL(THD 0.5%)
AD変換24bit/192kHz
出力端子USB Type C
ヘッドホン出力端子:端子  ステレオミニフォーン
ヘッドホン出力端子:インピーダンス16Ω
ヘッドホン出力端子:出力43mW
電源USB電源(DC5V)
寸法(W×H×D)110×250×123mm
質量920g(含スタンド)
付属品USB type C→Aケーブル(2m), 3/8→5/8変換ねじ
(株)ヒビノ 仕様書より

コンデンサー型

細かい内部構造の違いは抜きにして、マイクには大きく分けて『コンデンサー型』と『ダイナミック型』の2種類があります。

ダイナミック型
  • 耐久性が強い
  • 比較的安い

*コンサートなどで、ボーカルの人が手に持って使用しているマイクはダイナミック型

コンデンサー型
  • 非常に繊細なので、取扱注意
  • 高音質で、細かい音まで拾う

4種類の指向特性

指向特性とは音をどの向きから拾うかを示しています。

AKG Lyra-Y3は図のように4種類の収録方法を利用場面に応じて、切り替えることができます。これは Podcast を1人で収録する時、2人で収録する時または多人数で収録する時など使い分けられるので、非常に便利です。

接続仕様について

AKG Lyra-Y3にはUSB Type-Cの出力ポートがついており、そこに付属のUSB type C→Aケーブルを挿して、PCやスマホなどにつなげて使うといった仕様になっています。難しい接続はなく、USB接続で完了です。

具体的な接続方法については後ほど後述します。

AKG Lyra-Y3 レビュー

商品名価格商品概要(Amazonより)


17,380円Lyra-Y3 は簡単に扱えるため、音響機器に不慣れな方でも優れたサウンドで収音が可能です。PC や携帯端末とケーブルで接続するだけですぐに録音が始められます。ボタン1つで音源に合ったモードに切り替えられるので、誰でも簡単に優れた音質で収音できます。

筆者は Podcast 配信当初は、iPad に標準装備されている Apple 純正のボイスメモで収録していました。当時はできるだけお金をかけずに配信したかったので、ボイスメモで収録した音を Grageband で編集してAnchor(Podcast配信プラットフォーム)にて配信するという流れをとっていました。
関連【完全初心者向け】Podcast 配信の始め方大全【簡単】

しかし、音声市場が今後さらに拡大することを見越して、他の番組と少し差を付けたいと考えました。どこで差をつけるかということを考えたときに『音質』に目をつけました。Youtube で動画配信をするなら、画質を求めて品質のいいカメラを購入するでしょう。それと同じで Podcast やラジオを配信するなら音質を向上させることに躊躇ってはいけないと気づきました。そこでコスパの良い AKG Lyra-Y3 の購入に踏み切りました。

ちなみに、アメリカ国内の Podcast 事情や日本国内でのVoicy, himaraya や stand.fm などのサービスが少しずつ盛り上がってきた状況をみても、日本でも Youtube のような動画サービスのように音声メディアが流行って来るでしょう。
関連 Podcast を今すぐにでも始めるべき理由【Podcast 音声市場】

メリット

個人的に購入してよかった点は以下の4点です。

おすすめポイント
  • デザインが可愛い
  • USBでiPadに繋げられる(アダプター必要)
  • 指向特性を切り替えられる
  • スタンドが一体化している

デザインが可愛い

細かいこと抜きにして、とにかくフォルムが可愛い!マイクというと『黒』くて『丸』まっているイメージしかなかったのですが、AKG Lyra-Y3 は形・色ともにオシャレです。頻繁に使うものであれば愛着持てた方がいいですよね。

USBでiPad,iPhoneに繋げられる(アダプター必要)

マイク初心者の最大の悩みは『うまく接続できるかどうか』ではないでしょうか。買ったはいいけど、接続方法が分からないなんてことにはなりたくないです。しかし、このマイクはApple純正のカメラアダプター*を経由してiPadやiPhoneに接続することができるのでめっちゃ簡単です。もちろん、USBポートのあるPCであればそのまま接続できます。

*カメラアダプターは『Lightning-USB3カメラアダプタ』です。『Lightning-USBカメラアダプタ』ではないです。筆者はここで失敗したので、読者のみなさんが同じ失敗をしないように注意書きしておきます。

指向特性を切り替えられる

前述しましたが、マイクの収録方法を切り替えられることで、Podcastを1人で収録する時や2人で収録する時で使い分けられるので、非常に便利です。その切り替えもマイクの背後についているつまみを回すだけで変えられるので簡単です。

スタンドが一体化している

収録部屋を準備できない初心者は、準備から配信開始までの負担をできるだけ減らしたいと考えるはずです。難しい接続なしで収録を開始できます。その理由は、専用スタンドがマイクと一体化しているからです。これによって、サッとテーブルに置いてケーブルを繋ぐだけで収録が開始できますめっちゃ簡単!ちなみに、この専用スタンドは外して別のマイクスタンドに付け替えることもできます。

デメリット

集音能力が高すぎる

高品質が故に、音を集め過ぎてしまいます。指向特性を『フロント』(マイクの前から集音するタイプ)にしても、車が通る音などの雑音を拾ってしまいます。これは収録環境によりますが、雑音が多い環境で収録するのは難しいと思います。気になる人はリフレクションフィルターなどを別途購入する必要がありそうです。

常に電源に指している必要がある

筆者は iPad に繋いで収録していますが、AKG Lyra-Y3 を使用している間は必ず電源で充電し続ける必要があります。カメラアダプターがLightning-USB3カメラアダプタじゃないといけない理由が分かりました。

AKG Lyra-Y3の接続方法

接続方法
  • iPad, iPhone をLightning-USB3カメラアダプタ経由して、電源に接続する
  • AKG Lyra-Y3と付属のUSB Type-C→Aケーブルを繋いで、それをLightning-USB3カメラアダプタと繋ぐ
  • iPad, iPhoneでデジタル・オーディオ・ワークステーション(DAW)を起動する

** DAWソフトを起動しないとマイクは認識されないので、好きなアプリをダウンロードしておきましょう。ちなみに、筆者はDAWソフトとして Grageband を使用しています。使いこなせてはいませんが、無料ですし十分です。iPadの画面は Garageband のアプリ画面です。

写真のようにつながっていれば完了です。

最後に

筆者はボイスメモ収録からマイク収録に変えてからの音の違いに驚いています。AKG Lyra-Y3は簡単にiPadやiPhoneなどに接続でき、高音質な収録ができるので、音声メディアに本格的に参入したい初中級者にはオススメです。音声コンテンツはユーザーに訴えかける方法が『音』だけですので、その音には拘りたいところです。筆者は他のPodcast番組と内容以外のところも差をつけるために、今後もマイク収録をしていきます。

以上です。この記事が少しでも役にたてば嬉しいです。

商品名価格商品概要(Amazonより)


17,380円Lyra-Y3 は簡単に扱えるため、音響機器に不慣れな方でも優れたサウンドで収音が可能です。PC や携帯端末とケーブルで接続するだけですぐに録音が始められます。ボタン1つで音源に合ったモードに切り替えられるので、誰でも簡単に優れた音質で収音できます。

タイトルとURLをコピーしました