SIELE対策問題集『SIELE, preparación para el examen』は電子版一択

スポンサー
想定している読者
  • SIELE対策の問題集がなくて、SIELE受験を迷っている人
  • SIELEのテキストを検索すると、『SIELE, preparación para el examen』が出てくるが、実際のところどうなのか知りたい人
  • SIELE受験のために、参考書を探している人

この記事では『SIELE, preparación para el examen』の内容をメリット・デメリットを含めて紹介していきます。本書は紙版と電子版の両方が出版されていますが、電子版一択である理由も説明していきます。

記事の信頼性

筆者はSIELE受験のために SIELE, preparación para el examen の電子版を購入し、実際に9月に初受験をしてきました。結果はSIELE 616点だったことからも分かるように、この問題集を全てやり切るほどのスペイン語レベルはまだありません。
関連 SIELE解体新書|登録から受験までを徹底解説

筆者プロフィール
  • JICA訓練所にて、2ヶ月間スペイン語を学習
  • JICA青年海外協力隊としてパナマで9ヶ月間活動
  • コロナ帰国後、スペイン語Podcastを配信
  • DELE B1,SIELE 616点所持
スポンサー

どういう参考書なのか

電子版の画面
表紙書籍名価格ページ数
SIELE, preparación para el examen1100円*(紙版)
330円*(電子版)
165ページ
*価格は変動しますので、ご自身でご確認ください。

本書の構成は以下のようになっています。

本書の構成
  • 試験の概要
  • 4つの試験へアドバイス
  • 問題パート
    • A1 文法(直説法現在形・現在分詞・肯定命令)
    • A1 練習問題
    • A2 文法(現在完了・直説法点過去形・直説法線過去形)
    • A2 練習問題
    • B1 文法(直説法未来形・直説法過去未来形・接続法現在形)
    • B1 練習問題
    • B2 文法(接続法過去形・直説法未来完了形・直説法過去未来形完了形)
    • B2 練習問題
    • C1 文法(接続法過去完了形・接続法現在完了形)
    • C1 練習問題
  • 模擬試験一回分

こうやって目次をみてみると、なかなかのボリュームです。実際、文法よりも問題にページが割かれています。

文法ページでは、そこまで詳しいことは書かれていません。主に「どういう時に使われるか」と「動詞の活用がどうなるか」が例文を通して確認できる程度です。これを使って文法を一から学ぶのは難しいでしょう。動詞の活用の確認と例文の収集には使えるかなと言ったところです。

問題ページでは、基本的には読解→聴解→作文→口頭の順に練習問題が掲載されています。しかもこれがレベル順(A1〜C1)にまとめられているので、自分のレベルに合わせて学習することができます。

本書のメリット・デメリット

この問題集で学習してみてのレビューをしていきますが、電子版の感想ですのでご了承ください。

メリット

『SIELE, preparación para el examen』の良い点は次の4つです。

メリット
  • 内容量が十分ある
  • 学習レベルに応じて学習をすることができる
  • 問題の解答が付いており、問題を解いた後にすぐに確認できる
  • 口頭・作文試験の模範解答がある

内容量が十分ある

SIELEの問題形式に慣れるためには十分な問題量があります。SIELEを受験しようと考えた人は、まずSIELE公式の模擬試験をみてみることをオススメしていますが、その後もっと試験問題を解きたい人には良いテキストであると言えます。

筆者は電子版を購入しましたが、当時(2020/8)の価格で『390円』でした。控えめに言っても、この価格でこのボリュームはコスパ良すぎです。

学習レベルに応じて学習をすることができる

SIELEはDELEとは異なり、レベル毎の受験ではなく全てのレベルの問題が出題されます。スペイン語を学習していると「読解はできるけど、リスニングは少し苦手だなぁ」というように得意不得意がわかってきますよね。この問題集は全てのレベルA1〜C1 について四つの試験(読解・聴解・作文・口頭)がありますので、「読解はB2を勉強して、リスニングはB1を勉強しよう」というような使い方ができます。つまり、自分の学習レベルを考慮して、重点的に学習することができます
関連 【試験概要まとめ】SIELEとは?受験メリットを徹底解説【スペイン語の国際評価を受けられる】

問題の解答が付いており、問題を解いた後にすぐに確認できる

勉強のしやすさは問題集を選ぶ際の基準になります。問題集と解答集が別冊になったスペイン語問題集を見かけますが、2冊用意しないといけないのは非常に面倒です。例えば「Examen2のTarea 3の…4番は…」と解答集を開いて探す時間て、なんかムダだなぁと感じます。筆者はできるだけ、この探す時間を減らしたいです。しかし本書は、練習問題の後すぐに解答があるので、答え合わせがすぐにできます。

口頭・作文試験の模範解答がある

答えのある読解と聴解と違って、作文と口頭には正解と呼ばれる解答がありません。もちろん、評価基準に沿って採点されるわけですが、DELE対策の問題集のほとんどには、解答がありません。そうなると、どうしてもネイティブに添削してもらうしかないということになりますが、お金もかかってきます。
関連 【目的別オススメ】オンラインレッスンの選び方大全【スペイン語】

『SIELE, preparación para el examen』は作文試験と口頭試験において模範解答が示されています。つまり「こんな風に答えたらいいのか」ということが分かります。学習者からしたら、非常に参考になります。

デメリット

逆に残念な点は以下の4つです。

デメリット
  • リスニングの問題に Youtube の曲をきくものがある
  • 印刷が少しみにくところがある
  • 文法ページがほとんど使えない
  • 解説がない

リスニングの問題に Youtube の曲をきくものがある

本書(紙版・電子版共に)には、リスニング用のCDがついているわけでもなく、音源をどこかHPからダウンロードできるわけでもありません。Youtube の動画(音だけ)でリスニング問題を解きます。斬新な方法でいいと思いますが、リスニング問題として指定されたスペイン語楽曲の穴埋めがあります。この問題は個人的にすごくビミョーでした。実際にSIELEの問題に『穴埋め問題』があるわけでもないですし、その分別の問題を用意して欲しかったです。

印刷が少しみにくところがある

ほとんどありませんが、所々みにくいページがあります。おそらくどこからか引用しているんだと思いますが、電子版なのに見にくいって何なんですかね。

文法ページがほとんど使えない

前述しましたが、文法ページはほとんど参考にならないと思った方がいいです。本書はSIELEの問題を多く解きたい人には向いていますが、文法を学習したい人にはオススメできません。文法に不安がある人は、文法書を併用するといいでしょう。

解説がない

これは人によると思いますが、解説がありません。解答のみになります。解説がない分、問題を多く掲載できていると考えれば十分だと思いますが、なぜそうなるのかを解説で示してほしい人には、もどかしい参考書になるかもしれません。

紙版・電子版のどちらを買うべきか

ここまでSIELEのテキスト『SIELE, preparación para el examen』の中身を見てきましたが、「紙版と電子版のどちらを買うべきか」も悩むポイントです。

表紙書籍名価格ページ数
SIELE, preparación para el examen

1100円*(紙版)


330円**(電子版)

165ページ
*価格は変動しますので、ご自身でご確認ください。
**Kindle版になります。

結論
電子版一択

SIELEの本番はPCで受験します。つまり、練習の時点からデジタル形式に慣れておいた方がいいわけです。紙版だとどうしても、解きながら書き込むことができてしまいます。本番は基本的には書き込めません(メモを入力することができる問題もあります)。

また、電子版の方が圧倒的に安いです。400円弱でこのボリュームの問題集を購入できるわけですから、SIELEを受験する予定がある人は勝手損はしないはずです。書籍を置いておくスペースも必要ありません

筆者は iPad の iBooks で購入して使っていますが、目次機能やブックマーク機能が使いやすいので、自分が探しているページをすぐに表示できます。勉強が捗ります。もちろん『書き込む』という点では、紙版よりも全然劣ります。Kindle を触ったことがないので、使い勝手が分かりません。

まとめ

本記事をまとめます。

■ SIELE, preparación para el examenは十分な内容量、作文・口頭の模範解答付きなので、SIELEを受験予定の人にはオススメ
■ 文法ページがほぼ使えないことと解説がついていないため、痒いところには届いていない。
■ 安さ・利便性を考えると『 電子書籍版』を購入するべき

以上です。ここまで閲覧していただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました