【DELE A2】作文試験”合格”のための良い例・悪い例

DELE A2 escrita
スポンサー
想定している読者
  • DELE A2 合格のために、作文試験の練習をしている人
  • 具体的にどういう文章が高得点(2点もしくは3点)を得られるのか知りたい人
  • 作文試験攻略のために、気をつけるべき点を知りたい人

DELEの読解と聴解は問題集を用いて独学で進めていくことができますが、作文と口頭はなかなかそうもいきません。自己採点が難しいからです。学習者にとって、自分の書いたものや喋ったことを評価するのは簡単なことではありません。だからこそ、多くの人がオンラインレッスンを通して、ネイティブに添削してもらいます。
関連 【目的別オススメ】オンラインレッスンの選び方大全【スペイン語】

\Instituto Cervantes 公式の資料に基づいています/

公式の Guía を確認しましょう

Yuki
Yuki

・元高校数学教師

・JICA青年海外協力隊OV(パナマ隊員)

・久米島の地域おこし協力隊員

スペイン語学習者のハードルを下げるために、当サイトを運営しています。一緒にスペイン語の可能性を広げていきましょう。(DELE B1,SIELE 616点所持)

スポンサー

DELE A2の作文試験とは

作文試験は2つのTareaで構成されています。メールや手紙に対して返信するものと、指定されたテーマについて作文するものです。

作文試験の内容について詳しくは以下の記事で解説しています。

評価基準

DELEの作文試験は2人の採点者によって評価されます。DELE A2レベルの評価基準は以下の2つです。

A2 評価基準
  • 語彙・文法
  • Tarea の指示をどれだけ実行できたか

評価項目の一つ目は『Uso de la lengua』ですので、語彙力を評価されます。つまり、語彙や文法において、どれだけミスを減らすことができるかということです。

もう一つは『Cumplimiento de la tarea』です。2つのTareaにはそれぞれ指示文があり、それをどの程度満たすことができているかを評価されます。

これら2つの評価項目について、0〜3までの基準が設けられており、簡単にいうと0点と1点が不合格で、2点と3点が合格になります。
関連 【作文対策の第一歩】DELE A2の評価基準を理解する

作文例

公式 Guía が示す作文例を比較して、どういうところに注意して作文すべきかをみていきましょう。なお、Guía には問題は掲載されていませんので、評価項目の2つ目『どのくらいTareaの指示を守れているか』については、コメントできません。

Aptoの文章を一読するだけでも、文章の構成の仕方や語彙などの表現を知ることができると思います。

まずは文章を読んでみて自分で間違いを考えてみてください。

Tarea1

No Apto の作文

No apto(1点)

¡Hola!
Tengo mucho trabajo para hacer por la mañana. Me levanto muy temprano. Antes de salir, yo hecho muchas cosas. Primero me cocinar un bocadillo vegital, y un pescado para mi comida. Y despues yo baña muy rapido para no encuentro el mal trafico: En esto semana, estoy muy descansado porque me limpiar el polvo y limpiar la ropa, en mi casa. En la próxima semana, quiero que ir a la playa un sábado para hacer un relaxione. Quiero salir en sábado para yo vuelvo mi casa el domingo. Y tu tambien? Que va hacer por la mañana? 

1点の評価規準
  • 必需品、個人情報についての語彙や、直説法現在形やSerとEstarの使い方など基礎的で簡単な文法的構造を理解した上で使用することができるが、求められている情報を発信するには十分ではない。
  • 性数一致や動詞の活用などで多くの文法的なミスや綴りによるミスが見られる。
  • スペイン語以外の言語によって、メッセージの理解が困難になっている。
  • 孤立したフレーズや基礎的な接続詞 y,pero,porque で繋がっているフレーズが、ごちゃごちゃに書かれていたり、句読点が正しく打てていなかったりする。

性数の一致や動詞の活用など文法的な間違いをあげていくと、以下のものがあります。

yo hecho ▶︎yo he hecho
現在完了形だが、he が抜けている

me cocinar▶︎ he cocinado
動詞の活用されていない

vegital▶︎vegetal
vegitalは 英語

yo baña▶︎yo me he bañado 
動詞の活用がおかしい

despues▶︎después
アクセント記号が 抜けている

rapido▶︎rápido
アクセント記号が 抜けている

para no encuentro ▶︎para no encontrar
前置詞の後に名詞句がきていない

trafico: ▶︎trafico.
コロン:の使い方が間違っている

En esto semana ▶︎ En esta semana
性数一致していない

estoy muy descansado ▶︎estoy muy cansado

porque me limpiar y limpiar la ropa ▶︎porque me he limpiado el polvo y la ropa
動詞の活用がされていない。同じ動詞が接続詞 y で繋がっている。

la ropa, en mi casa ▶︎ la ropa en mi casa
カンマ,の使い方が間違っている。

queiro que ir ▶︎voy a ir
間違った語彙が使われている

relaxione▶︎relación
relaxioneは イタリア語

en sábado▶︎el sábado

para yo vuelvo mi cosa ▶︎para volver a mi cosa
主文と主語が異なるわけでないのに、動詞が活用されている。前置詞a が抜けている。

Y tu tambien ▶︎Y tú también 
アクセント記号が抜けている

Que va hacer por la mañana▶︎Qué va a hacer por la mañana
アクセント記号が抜けている。前置詞a が抜けている

最後に挨拶文や自分の名前も書き忘れていますので、そこも減点対象です。

上の間違いをしないように注意しましょう。

Apto の作文

Apto(2点)

¡Buen dia!
¿Cómo va? Sí he estado muy ocupado esta semana porque en mi trabajo, uno de mis compañeros tuvo un grave accidente y necesita de repente alguien para terminar su trabajo y me eligieron. 

Pero bueno, pienso que es más mejor que solo vemos cine la proxima semana. Podemos quedar el lunes por las diez en la cafetería enfrente de Cervantes, ¿Qué piensas? Tienes más mejor ideas? Escribidme
¡Hasta pronto!
Miguel 

2点の評価規準
  • (直説法現在形・過去形、前置詞、所有詞やよく使われる tener que 不定詞 や ir a 不定詞などの)限定的な語彙レパートリーを持っており、関係詞、primero, después, por eso などの副詞・接続詞を用いた短い文章を発信することができる。
  • 一つひとつの要素(単語・フレーズなど)、文章の構造や句読法において、基本的で、体系的なミスが見られるが、理解が困難なほどではない。

性数の一致や動詞の活用など文法的な間違いをあげていくと、以下のものがあります。

¡Buen dia! ▶︎ ¡Buen día!
アクセント記号がない。

Sí ▶︎ 必要ない

necesita ▶︎ necesitó
時制の一致

más mejor ▶︎mejor
比較級のミス。

por las diez ▶︎a las diez

Escribidme ▶︎Escríbeme.
アクセント記号がない。túに対しての命令形が間違っている。ピリオドがない。

Pero bueno▶︎ Pero
口語で使われる。

No aptoの文章と比較してみると、文法ミスが少なく、間違っていても理解が困難なほどではないことが分かります。ミスが0になると3点も見えてきそうです。

Tarea2

No apto の作文

No apto(1点)

La semana pasada he estaba en el cumpleaños de mi amiga Ikram, la fiesta fue en su casa. alli estaban muchos compañeros de trabajo y otros amigos. 

La fiesta ha empezado a las siete de la tarde, Ikram hace muchas cosas y una tarta, bebidas, Frutas… y la música estaba muy dervtida. yo llevis a Ikram una polosera con a nos compañeros de trabajo, le llevareron un télefon movil y un ordinador, me le gusto mucho esa fiesta porque nos dervtidan mucho. 

Normalmente, en mis fietas de cumpleaños, no 

1点の評価規準
  • 必需品、個人情報についての語彙や、直説法現在形やSerとEstarの使い方など基礎的で簡単な文法的構造を理解した上で使用することができるが、求められている情報を発信するには十分ではない。
  • 性数一致や動詞の活用などで多くの文法的なミスや綴りによるミスが見られる。
  • スペイン語以外の言語によって、メッセージの理解が困難になっている。
  • 孤立したフレーズや基礎的な接続詞 y,pero,porque で繋がっているフレーズが、ごちゃごちゃに書かれていたり、句読点が正しく打てていなかったりする。

性数の一致や動詞の活用など文法的な間違いをあげていくと、以下のものがあります。

he estaba ▶︎ he estado

alli ▶︎ Allí
文頭で大文字になっていない。アクセント記号が抜けている。

estaban ▶︎ había

Ikram hace ▶︎ Ikram hizo
時制の一致ミス

muchas cosas y una tarta, bebidas, Frutas… ▶︎ muchas cosas; una tarta, bebidas y frutas.
セミコロン;の使い方とピリオド.の使い方ミス

estaba muy dervtida▶︎estaba muy divertida.
綴りミス

yo llevis a Ikram una polosera ▶︎yo llevé a Ikram una pulsera 
動詞の活用ミスと綴りミス

con a nos compañeros de trabajo, ▶︎ y mis compañeros de trabajo

le llevareron un télefon movil y un ordinador, ▶︎le llevaron un teléfono móvil y un ordenador.
動詞の活用ミス。télefonは英語。綴りミス。

me le gusto  ▶︎ Me gustó 

nos dervtidan ▶︎ nos divertimos 
動詞の活用ミス

en mis fietas de cumpleaños ▶︎ en mis cumpleaños 

動詞の活用をミスすると、理解が困難になるので注意しましょう。しかも最後、「… , no」と作文しきれていません。Tarea2 は書くべき単語数は70〜80ですので、時間をみながら書き切りましょう。

Apto の作文

Apto(2点)

La semana pasada, fui al cumpleaños de mi amiga. 

La fiesta era en su casa, y había mucha gente; sus primas, sus hermanas, sus amigos y su novio. bailamos y cantamos hasta el fin del dia! La música era muy buena y de todos tipos. La comida era también deliciosa y la tarta grande. 

La llevé a mi amiga un perfumo, qué ya supé que le va a gustar mucho, y tuvé razón porque Estaba my contenta con mi regalo. 

Era una fiesta simpático, que me ha recordado mis cumpleaños, donde siempre quedo con todos mis amigos y familia.

2点の評価規準
  • (直説法現在形・過去形、前置詞、所有詞やよく使われる tener que 不定詞 や ir a 不定詞などの)限定的な語彙レパートリーを持っており、関係詞、primero, después, por eso などの副詞・接続詞を用いた短い文章を発信することができる。
  • 一つひとつの要素(単語・フレーズなど)、文章の構造や句読法において、基本的で、体系的なミスが見られるが、理解が困難なほどではない。

性数の一致や動詞の活用など文法的な間違いをあげていくと、以下のものがあります。

bailamos ▶︎ Bailamos 
文頭なのに大文字になっていない

el fin del dia! ▶︎ el fin del día!
アクセント記号が抜けている

La música era muy buena y de todos tipos. ▶︎La música de todos tipos era muy buena.
おそらく語順がおかしい

y la tarta grande ▶︎ y la tarta era grande.

un perfumo, qué ya supé ▶︎ un perfume que ya supe
綴りミス。関係詞の使い方ミス

que le va a gustar ▶︎que le iba a gustar
時制の一致ミス

tuvé razón ▶︎ tuve razón 
アクセント記号のミス

porque Estaba ▶︎ porque estaba
文中なので大文字にはならない

una fiesta simpático ▶︎ una fiesta simpática 
性数一致ミス

siempre quedo ▶︎ siempre quedaba 
時制の一致ミス

公式によれば「Tareaの指示文には全て答えているが、詳細に書かれているわけではない」ため3点には届かないとのこと。作文試験で3点を取りに行くなら、Tareaの指示を適切に守りながら、+αでより詳しく書いていく必要がありそう。

まとめ

ここまで見てきたポイントをまとめていきましょう。

  • 動詞の活用と性数の一致、時制の一致など、基本的なミスが少ないと2点獲得できる可能性が高い。
  • アクセント記号のミスはできるだけ減らしたいが、少しであれば致命的な減点にはならない。
  • Tareaの指示を全て守った上で、より詳細に作文できると3点が取れるかも!

以上です。この記事が少しでも役に立てれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました