現在サイトリニューアル中!

譲歩の接続詞に伴う直説法・接続法とは【スペイン語】

接続法 譲歩 スペイン語
想定している読者
  • 譲歩という言葉を聞いて?となった人
  • 譲歩の接続詞において、直説法と接続法を用いる違いを理解したい人
  • スペイン語の接続法を勉強している人

ここでは譲歩の接続詞 Aunque, Según, Como について説明します。一部様態の接続詞もあります。

例文でニュアンスを理解しましょう!
記事の要約
  • 譲歩とは、自分の意見を押し通さずに他人と折り合いをつけること
  • 譲歩の接続詞は、接続詞節内の内容が「事実」なのか「仮定」なのかで使い分ける
目次

譲歩の接続詞の考え方

譲歩とは自分の意見を押し通さないで、他人の考えとうまく折り合いをつけることをいいます。簡単に言えば、自分の考えは A だけれど B にする(である)ということです。

スペイン語においては以下のように考えることができます。

直説法
接続法
  • (実際に)Aだけれど、Bだ(だった)
  • (実際に)Aにも関わらず、Bだ(だった)
  • (仮に)Aだったとしても、Bだ

これを踏まえて、譲歩の接続詞は、接続詞節内(接続詞の後ろに続く文)の内容が『事実』なのか『仮定』なのかで使い分けましょう。

内容が『事実』▶︎ 直説法
内容が『仮定』▶︎ 接続法

譲歩・様態の接続詞リスト
  • aunque
  • a pesar de que
  • como
  • sin que
  • según

これらの接続詞(句)は直説法を伴うのか、接続法を伴うかで意味が変わってきます。例外として「sin que」は必ず接続法を伴います。
関連 【スペイン語】頻出接続詞 aunque の使い分けは「事実」か「仮定」か考えよ!

いちばんはじめの例文から学ぶ接続法
  • 接続法の全体像を把握できる
  • それぞれの項目が1ページにまとめられているので、学習・検索がしやすい
  • 学習の流れが示されているので、独学でも安心
ブログ記事と連携した教材です。

Aunque の使い方

「頼まれた」のか「頼まれたとしても」なのか

Me negué aunque me pidieron que les ayudara.
彼らを手伝うように頼んできたが、私は断った。

aunque 後の動詞 pedir をみてください。ここでは pidieron と点過去*になっています。直説法ということは aunque 節内は『事実』であるということになります。

つまり、私は実際に「頼まれた」訳です。最後の que 以下以外を訳すと「私に頼んできたけど断った」という意味になります。

Me negaré aunque me pidan que les ayude.
たとえ彼らを手伝うように頼まれても、私は断るだろう。

では、aunque の後の pedir をみてみると、pidan となっています。これは接続法現在形です。つまり仮定の話をしているということです。

今回は主節が negaré と直説法未来形になっていますので、aunque 内も”時制の一致”で現在形になります。最後の que 以下以外を訳すと「仮に私に頼んできたとしても断るだろう」という意味になります。

Según の使い方

「言った」のか、これから「言う」のか

次にSegún のニュアンスを見ていきます。Según は前置詞と接続詞の二つの顔を持っていますが、ここで説明するのは接続詞としての según です。後ろに名詞句が来れば前置詞で、文が来れば接続詞ということです。

Según me dicen, se casará pronto.
人が言うには、彼らはすぐに結婚するそうだ。

Según の後ろにme dicen がいます。dicen は動詞 decir の直説法現在形です。主語は省略されていますが、複数の誰かです。直説法ということはsegún 節内の内容は事実だということになります。

つまり「みんなが私に言うには」という意味になります。実際に「言った」訳です。

Según の後には indique がありますが、これは動詞indicar の接続法現在形です。según 節内の内容は『仮定』であることがわかります。

つまり「上司が指示するように」とか「上司が指示するに従って」という意味になります。この時点では、まだ上司から指示されていないから仮定の話をしている訳です。

Como の使い方

Como quieres なのか Como quieras なのか問題

接続詞 Como の後にくる動詞が直説法なのか接続法なのかによって、ニュアンスが違ってきます。como quieres と como quieras で含んでいる意味が少し異なるようです。

例文では、違いを理解しやすいように別の表現を用いています。見てみましょう。

Puedes pedir la comida como me has dicho.
君の言ったとおりに(*事実)、ご飯を注文していいよ。

como 以下が me has dicho と直説法現在完了形になっています。基本の型に従うと『事実』な訳です。実際に私に「言ったように」頼んでいいよ、と許可している訳です。

シチュエーションとしては2人がレストランで何かを頼む際に、1人があれもこれも頼みたいともう1人に話したときに「いいよ、今言ったように頼んでも」という感じでしょうか。

Puedes pedir la comida como quieras.
君の好きなように(*まだ不明)、ご飯を注文していいよ。

como 以下が quieras になっています。これは動詞 querer の接続法現在形です。como が接続法を伴っているので『仮定』の内容になります。意味は「好きなように」です。

シチュエーションとしては2人がレストランで何かを頼む際に、「1人が何でも好きなもの頼んでいいよ」という場面でしょうか。この時点では、許可した方は、もう1人が何を頼むかは分かっていません。つまり、先のことを予想して、仮定して話をしている訳です。

まとめ

記事の内容をまとめます。

譲歩の意味や使い方は理解できたでしょうか。
記事の要約
  • 譲歩とは、自分の意見を押し通さずに他人と折り合いをつけること
  • 譲歩の接続詞は、接続詞節内の内容が「事実」なのか「仮定」なのかで使い分ける

音読は語学習得の1番の近道です。例文をスラスラ読めるようになってきたら、例文を参考に口頭で作文してみましょう。
確認【音読のメリット5選】文章をスラスラ読めるようになりたい人へ【スペイン語】

独学で接続法を学習する際に手元に置いておくと安心できる教材を比較検討しました。問題をどんどん解いて、吸収しましょう。
関連 【初心者向け】接続法テキストを4冊比較【スペイン語】

いちばんはじめの例文から学ぶ接続法
  • 接続法の全体像を把握できる
  • それぞれの項目が1ページにまとめられているので、学習・検索がしやすい
  • 学習の流れが示されているので、独学でも安心
ブログ記事と連携した教材です。
接続法 譲歩 スペイン語

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメントする

目次