『たぶん•おそらく•きっと』と接続法を合わせると?【スペイン語】

接続法アイキャッチ 独立用法
スポンサー
想定している読者
  • スペイン語で『たぶん(おそらく, きっと)〜』と言いたい人
  • 独立用法を理解したい人
  • スペイン語の接続法を学びたい人

『Tal vez』や『Quizá(s)』などの副詞と一緒に接続法が使われることがありますが、直説法を伴う場合とでは何が違うのでしょうか。

この記事はそんな疑問を解消するために、接続法の独立用法について解説しました。

Yuki
Yuki

・元高校数学教師

・JICA青年海外協力隊OV(パナマ隊員)

・久米島の地域おこし協力隊員

スペイン語学習者のハードルを下げるために、当サイトを運営しています。一緒にスペイン語の可能性を広げていきましょう。(DELE B1,SIELE 616点所持)

初心者向けの接続法学習教材 販売中/

この記事では上記の教材を用いて解説していきます。

スポンサー

接続法の”独立用法”とは

独立用法とは推測を示す副詞(句)の後に接続法が続く表現のことを言います。しかし、話者の確信度によって、直説法と接続法を使い分けることがあります。一般的に、物事が起こる可能性・確率は以下のように変化します。

確信度 高い → 低い
推測の副詞(句) + 直説法現在形推測の副詞(句) + 直説法未来形推測の副詞(句) + 接続法現在形
たぶん(おそらく,きっと)〜ですたぶん(おそらく)〜でしょうたぶん(おそらく)〜なんじゃないかな

Tal vez él no viene(直説法現在)
– きっと、彼は来ないよ

Tal vez él no vendrá(直説法未来)
– たぶん、彼は来ないだろうね

Tal vez él no venga(接続法現在)
– たぶん、彼は来ないんじゃないかな

解説
動詞 Venir の活用によって、話者の確信度が変わります。「彼が来ない」ことがほとんど確実なら、直説法現在形を用います。来るかどうか曖昧であるなら、動詞を直説法未来形や接続法現在形に活用します。

ちなみに、いずれの例文も動詞で終わるのを嫌うなら Tal vez no viene(vendrá, venga) él. と主語 él を最後に持ってくるといいでしょう。
関連 例文で学ぶ Venir の意味と活用【スペイン語】

日本語には推測の副詞として、主に3つ(たぶん、おそらく、きっと)があります。「たぶん」と「おそらく」は同じような場面で使われますが、「たぶん」の方が少しぞんざいで丁寧さに欠けるのに対して、「おそらく」はあらたまった言い方です。

「きっと」は残りの2者よりも確信度は高めです。しかし、これらの違いについてそこまで神経質になる必要はないでしょう。

推測の副詞(句)
  • Tal vez
  • Quizá(s)
  • Supuestamente
  • Posiblemente
  • Probablemente
  • Seguramente
  • A lo mejor(A lo peor)
  • Acaso
  • Por si

”独立用法”を例文で理解しよう

Quizá(s)

Quizás es la única solución. 
– きっと、それが唯一の解決法です。

Quizás será la única solución. 
– たぶん、それが唯一の解決法でしょう。

Quizás sea la única solución. 
– たぶん、それが唯一の解決法なんじゃないかな。

解説
例文の上から話者の確信度が低くなっています。動詞 Ser が上から直説法現在形 es 、直説法未来形 será、接続法現在形 sea になっています。Quizá(s)は Tal vez と同じように使用できます。複数形、単数形のどちらでも使用されます。

A lo mejor + 直説法

A lo mejor vas a salir con éxito.
– きっと、うまくいくよ。

解説
『A lo mejor + 直説法』も会話中でよく使用される表現の一つです。話し言葉である点だけ注意しましょう。A lo mejor も『たぶん』とか『おそらく』と訳されますが、直説法を従えるということは、話者の確信度が比較的高いことを示しています。

例文中では『君』に対して「うまくいくよ」と背中を押していますが、これがもし接続法だった場合は「たぶん、うまくいくんじゃないかな」となってしまい、慰めになっていません。このような場面では直説法を用いた A lo mejor を使うといいでしょう。

Acaso + 接続法 ひょっとしたら…

Acaso llueva mañana. 
– ひょっとしたら、明日は雨が降るかもしれない。

解説
Acaso + 接続法は「ひょっとしたら」や「もしかしたら」という意味になります。接続法を従えるということは、物事が起こる確率はそこまで高くないということです。例文中では、動詞 Llover(雨が降る)が接続法現在形に活用されています。

¿Acaso ya la conoces?
– もしかして、もう彼女と知り合いなの?

解説
Acaso + 直説法は疑問文として使われることがあり、”意外性”や”驚き”を表して「もしかして〜なのか?」という意味になります。例文中の la は直接目的格代名詞です。

最後に

例文を確認して、直説法と接続法が伴う場合のそれぞれの違いを確認できたら、何度も例文を音読しましょう。音読は語学習得の1番の近道です。例文をスラスラ読めるようになってきたら、例文を参考に口頭で作文してみましょう。
確認【音読のメリット5選】文章をスラスラ読めるようになりたい人へ【スペイン語】

独学で接続法を学習する際に手元に置いておくと安心できる教材を比較検討しました。問題をどんどん解いて、吸収しましょう。
関連 【初心者向け】接続法テキストを4冊比較【スペイン語】

初心者向けの接続法学習教材 販売中/

今回の使用教材の内容などについてはこちらの記事で紹介しています。

\閲覧ありがとうございます/
当サイトはスペイン語学習者の勉強のハードルを下げることを目指しています。

Caminando hacia... のコンテンツが役に立ったという方はサポートしていただけると励みになります!

タイトルとURLをコピーしました