スペイン語辞書の効果的な使い方【辞書は単語帳じゃない】

スペイン語 辞書 活用
スポンサー
想定している読者
  • 辞書で何度も同じ単語を引いてしまっている人
  • 学習に効果的な辞書の活用方法を知りたい人
  • 掲載されている単語数が多すぎて、どうやって辞書を活用したらいいか分からない人

スペイン語学習に限らず、語学を進めていく上で重要なツールは『辞書』です。有能な辞書であれば1冊持っていれば、それだけで意味のある学習ができたりします。

そこでこの記事では、スペイン語辞書を最大限有効活用できるように、辞書が持つ役割や効果的な使い方をまとめました。
関連 圧倒的掲載量『西和中辞典』を使い倒す【スペイン語辞書】

Yuki
Yuki

・元高校数学教師

・JICA青年海外協力隊OV(パナマ隊員)

・久米島の地域おこし協力隊員

スペイン語学習者のハードルを下げるために、当サイトを運営しています。一緒にスペイン語の可能性を広げていきましょう。(DELE B1,SIELE 616点所持)

スポンサー

辞書の役割

辞書を活用する醍醐味
例文を分析して単語の使われ方を確認できること

辞書の役割なんて、なかなか考えたことはないと思いますが、単語帳とは全く役割が違います。辞書を活用する醍醐味は、例文を確認し、単語がどのように使われているのかを確認することにあります。単語には複数の意味を持つものが多く存在しますが、そのそれぞれについて記されている例文を読み込むことが重要です。

単語の意味だけを追うのではいけない。数ある意味からそれらしい意味を選んでおしまいではもったいないのです。

一方、単語帳は特に使われる単語を抜き出し、スリムにまとめたものです。重要な単語や表現を手軽に学べる点で、スペイン語初心者にとっては使いやすい学習ツールになっています。しかしその手軽さゆえ、中身が十分でなかったり、例文が足りなかったりするのも事実です。
関連 【スペイン語】単語帳は必要か?その意味と本質を考える

筆者は単語帳と辞書を次のように使い分けています。

単語帳:その単語の重要な意味だけを何度も繰り返し確認する【反復ツール
辞書:時間をかけて丁寧に例文を確認して、単語の使われ方を理解する【掘り下げツール

だからこそ、辞書を使う際に『単語帳的な』使い方は好ましくないと考えています。知らない単語を辞書で探して、最初の太文字になっている意味をみて、もしくはそれ以降の2番目、3番目の意味だけをみて終わりにしていませんか。辞書をそのように使っているなら単語帳でいい十分です。
関連 【完全初心者向け】単語帳のルールと進め方【スペイン語】

辞書を使う上での基本的な考え方

筆者は、辞書を使う際には3つのことに気をつけています。筆者は電子辞書よりも『紙辞書』を推進派ですので、ここでは紙辞書を前提に話をしていきます。

基本的な考え方
  • 丁寧に時間をかける
  • 一度調べた単語はマーカーなりチェックする
  • 何でもかんでもすぐに辞書で調べない

丁寧に時間をかける

本記事は賢い辞書の使い方の考え方に共感しています。そこでは時間をかけた丁寧な使い方が書かれています。

前述したように、単語の意味を表面的につまんでいくのではなく、丁寧に時間をかけてじっくりと単語と向き合うようにしたいところです。実際、例文を確認して、マーカーでチェックして…などをしていたら、時間がかかってしまうものです。それが煩わしいと思うなら、単語帳を使用することをオススメします。

一度調べた単語はマーカーなりチェックする

また、一度調べた単語や表現はマーカーなりアンダーラインを引くなりしてチェックしましょう。これは、視覚的に『検索履歴』が分かるようにするためです。ページを開いた時に、マーカーが引いてあれば、自然と目がいきますから、意図せず復習することができます。

さらに、マーカーを引くことで、自分の『学習履歴』も残ります。自分の努力が見えると、より学習に対するモチベーションが上がります。実際、筆者もマーカーしたり、書き込んだりしていますが、そのページを見返すだけで、やる気が上がります。

ただし、マーカーを引く上で注意するべきことは『引きすぎない』ということです。これは言われなくても分かると思いますが、全部色付けされていたら、どれが重要なのか判別が難しく煩雑なものになってしまいます。

何でもかんでもすぐに辞書で調べない

スペイン語の文章を読んでいて知らない単語に出会った時に、すぐに辞書を引くことはできるだけ避けたほうがいいでしょう。例えば、問題を解いていて、分からないからすぐに答えをみるという学習方法は効果的だと思いますか。知らない単語をすぐに辞書で調べることは、自分で思考せずすぐに答えをみてしまうことと同じです。

辞書で調べる前に一度、その文脈においてどんな意味なのかを予測しましょう。

しかしながら、どうしても分からない場面もあると思います。その場合は、品詞だけでも予想しましょう。名詞なのか、形容詞なのか、副詞なのか、はたまた動詞が活用した形なのか。

辞書の使い方

ここでは、紙辞書(西和辞典)の使い方を紹介します。筆者は、学習の方法は何でもいいと考えていますので、あくまで参考にしてください。

辞書の使い方
  • 調べた単語をマーキングする
  • 品詞を確認する
  • 意味を確認する
  • 例文を確認する
  • 書き込む
  • その単語を基に”縦に”、”横に”広げていく

ちなみに筆者は、単語名意味例文をそれぞれ色を分けてマーキングしています。

品詞を確認する

基本的には0〜3を行います。単語をマーキングした後、まずすべきなのは品詞の確認です。品詞とは『名詞・動詞・形容詞・副詞』などの言葉の種類のことです。既にわかっている場合は飛ばして結構ですが、知らない単語の場合は必ずチェックしましょう。

スペイン語では日本語と違って、形容詞が主語の性や数によって形が変化したり、名詞は男性名詞・女性名詞が分かれていたりします。性数一致が間違っていたり、名詞に伴う冠詞が違うだけで、スペイン語は相手に通じません。だからこそ、品詞の確認は最初にやりましょう。

意味を確認する

スペイン語の単語には、複数意味を持つものが数多くあります。そのため、掲載されている意味全てに目を通すべきです。日本語はあくまでも「日本語だったらこうかな?」と置き換えられたものにすぎません。ですので、日本語訳を鵜呑みにしてはいけません。

その単語が持つ全ての意味を俯瞰することで、単語が含み持つイメージを何となく理解できるようになります。個々だけをみず、全体を見渡しましょう。

例文を確認する

辞書のメリットは、単語の意味に応じて例文がいくつも掲載されていることです。これを活用しないてはありません。

まずは、知りたい単語が文章中・フレーズ中でどう使われているかを見ましょう。この過程は、意味を理解するだけでなく、文法の学習にもなりますので、『例文分析』は個人的にオススメの学習法です。その後は、その例文を何度も音読しましょう。目安はスラスラ読めるようになるまでです。

書き込む

紙辞書の利点は、余白に書き込みができることです。電子辞書との差別化はここです。自分の好きなように書き込むことができます。

何を書き込むか。結論は何でもいいです。参考に筆者が書き込んでいることを紹介します。

余白に書き込むこと
  • 自分の気付き・解釈
  • 図や絵を描く
  • その単語を使った例文
  • 疑問

自分の理解や気付きを『自分の言葉で』書くことによって、視覚化されてより深く理解できます。また、同じページに行き着いた時に、自然と目が入るので、復習もできます。メリットしかないから、やらない手はないです。

その単語を基に”縦に”、”横に”広げていく

「縦に、横に広げる」というのは、どういうことか。

「縦に広げる」とは、その単語の派生形を調べること
「横に広げる」とは、その単語に関連する(その単語と一緒によく使われる)単語を調べること

例) Discutir

例えば、Discutir という単語を調べるとします。まずは、上記の0〜3(*4)の方法で Discutir の理解を深めます。

Discutir が動詞であることが分かったので、今度はその派生形(名詞形や形容詞形、副詞形)を調べます。すると Discusión, Discutido/a, Discutible などがみつかります。これが『縦に広げる』ということです。

スペイン語辞書には近くに派生した単語が掲載されていることが多いです。『議論』という同じ仲間でまとめて覚えてしまったほうが効率的ですし、繋がりがよく分かります。

一方で、Discutido/a の例文を見てみると、un libro muy discutido (とても話題になっている本)などが書かれています。つまり、Discutido と libro が繋がります。これが別の仲間を繋ぐという意味で『横に広げる』ということです。

単語はそれ一つの理解で終わりにせず、”縦に”、”横に”広げていくことで無限の広がりを見せます。

まとめ

本記事をまとめます。

辞書は例文を確認し、単語がどのように使われるかを確認するための掘り下げツール
単語帳的な使い方ではなく、丁寧に時間をかけて単語と向き合う。
品詞→意味→例文の順番で見ていき、時には”書き込んだり”、”縦に、横に”広げていく。

辞書を読むこと自体が本当に面白いと感じる今日この頃です。筆者は小学館の西和中辞典を愛用していますが、掲載単語数と例文数が圧倒的に多いので、例文分析が非常に捗ります。
関連 圧倒的掲載量『西和中辞典』を使い倒す【スペイン語辞書】

表紙書籍名価格特徴


西和中辞典 第2版7260円*

重要語は赤見出し
2色刷り
巻末に発音解説・動詞の活用表・数詞・スペイン語の歴史を収録
約80,000語収録

*価格は変動しますので、ご自身でご確認ください。

[tem id=3]

タイトルとURLをコピーしました